<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは、銀座エバンスの稲田です。
お昼間は夏のように暑い日が続きますね。
みなさまお出掛けの際は日差し対策をお忘れになりませんようお気を付けくださいね。






さて、本日は前回ブログ「海の護り人 ”ユリス・ナルダン”成功への軌跡編」 の後編をお送り致します。

d0159403_14145792.jpg

1846年、スイスのル・ロックルにユリス・ナルダン氏は時計製造会社を創業したのですが、この”ル・ロックル”、みなさん聞き覚えはございませんか?
実は私が何度かブログの中でお伝えしている街の名前なんです。
何人もの偉大な時計師達がこの街やこの土地の近くより誕生していてパネライ、オーデマピゲ、リシャールミルなど、数々の名門メゾンがこの辺りに会社を構えています。
(これらの記事にご興味のある方はブログトップの右側、最新の記事の下に検索の窓がありますので、「ル・ロックル」で検索かけてみて下さい。7件の私のブログが該当しますよ。)

ユリス・ナルダンはこの地に誕生してから172年もの間、様々な出来事と共に伝説を作って来ました。
その歴史を少しずつ紐解きながらお話を進めて行きますね。

d0159403_14135827.png

1872年、スイスでは時計産業を更に発展させるためにスイスのヌーシャテル天文台とジュネーブ天文台の二箇所でコンクールを開くことを決定、それは毎年続きました。
なぜ天文台が選ばれたのかというと、科学的に観測をすることのできる研究所が必要だったためです。
そしてこのコンクールで上位にランクインしたブランド、また多数の作品がクロノメーター検定に合格したブランドだけが世界に名を広めることができる、名が広がるということは売れるようになるということなのです。やはり証明書というのはどの時代でも信頼の証ですから、クロノメーター証の欲しい様々な会社がこぞって自慢の時計で競い合い、いろいろな人々が一喜一憂し合う姿が目に浮かびます。

当初は航海用のマリーンクロノメーター(については前回詳しくお話しています。
「海の護り人 ”ユリス・ナルダン”成功への軌跡編」是非ご覧下さい。)だけの検定でしたが、1941年から腕時計も対象となり、このことから更にこのコンクールが注目をされるようになって、1959年には世界中の腕のあるメゾンが我先にと参加をしました。
細かく規定のある厳しい検定に合格したものにはじめて”クロノメーター”という称号が与えられ、その中で更に優秀なものがコンクールの入賞作品となります。

100年以上もの歴史を持つ権威ある天文台コンクールで、検定に合格した時計は1975年の最後の年までに4504点、その内なんと、95%の4324点が今回ご紹介するユリス・ナルダンの作品なのです。
前編でもお伝えした通り、マリーンクロノメーターといえばユリス・ナルダン社製という時代でしたから、腕時計の精度への力の入れ方も他社とは比べものにならなかったことでしょう。
このコンクールでもユリス・ナルダンは伝説を作ったんですね。

d0159403_14151150.jpg

先見の明を持つユリス・ナルダン氏は、1860年に天文台で観測を行うための極めて正確な時計、スイス時計製造の父と呼ばれるジャック フレデリック・ウリエ開発の”天文レギュレーター”時計を導入、この時代に高精度を備えたマリーンクロノメーターだけでなく懐中時計、腕時計を次々と開発していきました。
ここでいうレギュレーターとは振り子時計のことで時計の日差調整、修理に用いられ、同氏はミニッツリピーターやその他の複雑時計を発明、彼の偉業によって世界に名を広めたことは言うまでもありません。

そして1876年。53歳という若さにしてこの世を去ったユリス・ナルダン。彼の仕事は息子であるポール ダヴィット・ナルダンが引継ぎます。ポールの手腕により、様々な特許や賞を獲得、現在の同社があるのは息子のおかげと言っても過言ではありません。
詳しくお伝えすると、マリーンクロノメーターで2411の賞を受賞、腕時計では一位を747回獲得、そして国際見本市(現在でいうバーゼルやSIHHですね)では数々のメダルや賞を受賞しています。

しかし1970年代、クォーツショックの影響により、ユリス・ナルダン社も衰退の道を余儀なくされます。クォーツショックとは、我らが日本の誇るセイコー社の大躍進により、スイス時計業界全体が大打撃を受けた大きな出来事のことです。
時計業界に身を置く方々はご存知だとは思いますが、いつも私のブログを呼んでくれている時計愛好家のみなさんに是非知っておいて欲しいことなので、少しお話致しますね。

1964年、東京オリンピックの公式時計としてセイコー社が選ばれ、そして認められたことにより”世界のセイコー”という通り名で知名度が劇的に上がりました。
1973年には部品のないデジタルウォッチを世界で初めて販売、これは秒表示もしてくれる画期的な作品でした。そしてSEIKO5というモデルを主力に優秀なクォーツ時計海外販売代理店が急激に拡大されていき、1978年には製造本数約1900万本のうちの三分の二が海外へ向けての輸出だったそうです。(下の写真左…世界初のクォーツ腕時計/右…世界初のデジタルクォーツ※SEIKOHPより引用)

d0159403_18035930.png

世界初のデジタルクォーツウォッチは、特にアジア圏の企業へと影響をもたらし、1980年代初頭には他社へのムーブメント販売をスタートさせ、香港や台湾、中国などで時計部品の製造を開始します。
これによって何が起こるかというと、大量生産することができるようになって、価格がものすごく下がります。そして安く手に入るということは日本だけでなく、他の国々でも富裕層に限らず一般の人々が買えるようになるということ、高額な機械式時計が売れなくなる、世の中が変わる・・・

その結果、1970年に1600社以上あったスイスの機械式時計メーカーが1980年代中頃には三分の一に減り、それによって失業者の数も大激増、更に悲劇は続き、同時期に起きたオイルショック、スイスフランの高騰で材料と人件費も莫大に釣り上がり、様々な企業、特に時計製造に関するメーカーが次々と廃業に追い込まれてしまったのです。
これが”クォーツショック”です。

それまで5世代に渡り家族経営だったユリス・ナルダン社も例外ではなく、この脅威の元、1983年にはついに売りに出されてしまいました。
そしてロルフ・W・シュナイダーという素晴らしい実業家によって見事再建され、現在に至ります。

d0159403_14144465.jpg

ユリス・ナルダンはアストロラビウム・ガリレオガリレイという複雑機械式時計の発表で息を吹き返し、シュナイダー氏の指揮の下、前回ブログで詳しくお伝えした”マリーンクロノメーター”、当店にも入荷したことのある有名な”フリーク”を主力とし、今回ご紹介する”ソナタ”やその他の複雑時計は数々の賞を受賞しています。

初代ソナタは2003年に発表され、2012年にストリームラインへ進化、2017年にはガラリと印象を変えてクラシカルな第二世代のソナタを発表しました。
初代は開発に7年もの月日を要したそうで、見た目斬新な他ブランドにはない芸術的な作品に仕上がっており、リューズ下、左右に設置されたプラスマイナスのボタンで短針を進めたり戻したりできるという、画期的な仕組みになっています。
スポーティーな見た目からは想像が付かないと思いますが、時が来るとそれはそれは美しい音を奏でてくれるんですよ。時間が過ぎるのが楽しみになりますね。

d0159403_14152237.jpg

初代ソナタ は日本ではここエバンスにしか取り扱いしていません。
ご興味のある方は私稲田までご連絡くださいね。

二回に渡ってお伝えして来た”ユリス・ナルダンブログ”、いかがでしたでしょうか。
もちろん、まだまだ全てを語りきれていませんが、またの機会にお伝えできることを楽しみにしています。

卓越した商才をも持ち合わせていた偉大な時計師の名を冠した”ユリス・ナルダン”。
このブランドはいろいろな人達の手で、創始者の遺志を大切に今もなお歩み続けています。
170年の歴史を感じながら、美しいソナタの音を聴いてみる。
そんな贅沢な時間を、この時計と共に過ごすのもまた一興ではないでしょうか。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。


d0159403_14155706.jpg














銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-06-26 18:35 | その他
ご覧頂きましてありがとうございます、銀座エバンスの福永です。
本日はデイデイトの稀少モデルである、マホガニーダイヤルをご紹介いたします。
Ref.18238
USED販売価格:1,980,000円(税込)
d0159403_07452319.jpg
デイデイトは数あるロレックスのラインナップにおいて、ハイエンドカテゴリーを形成する主要なモデルです。素材に関してもゴールドもしくはプラチナの貴金属のみを用いており、数々の宝飾性が高いモデルが取り揃えられる事から、他とは一線を画す存在感があります。
また、現行モデルでは通常のダイヤルに加え、メテオライト、ラピス、シェル、グリーンジェダイド、ラベンダージェダイド、フェライト、ブルズアイといった天然素材を用いたラインナップがあり、過去のモデルではそれらに加え、オニキスやソーダライト、マラカイトなどのセミプレシャスストーンの他、アンモナイトを用いたユニークなものまで用意されていました。今回ご紹介のデイデイトもまた、現在では見られなくなった木製ダイヤルでマホガニーを用いた一本です。
d0159403_07453619.jpg
ウォールナット、チークと並び世界三大銘木の一つであるマホガニーは、柔らかく加工のしやすい特性に加え、寸法安定性や耐久性も高いことから家具や楽器に重宝され、乱伐や違法伐採が横行する現在では、ワシントン条約によって天然木の取引が制限される貴重な木材となっています。その美しい杢と深みのある色味は、イエローゴールドのデイデイトと相性が抜群であり独自の雰囲気を味わっていただけます。
d0159403_07454431.jpg
天然素材の持つ風合い、同じものが二つとないダイヤルの表情、そして生産終了モデル故の希少性、豊富なダイヤルバリエーションがあるデイデイトの中でもマホガニーダイヤルは、今後さらに注目が集まるモデルになると予想されます。ロレックスにおいては4桁リファレンスをアンティークと扱う傾向がありますが、最近では5桁リファレンスの希少種においても、現在の評価軸で見直しがされてきています。
アンティークや生産終了モデルで価格高騰の対象が、以前はデイトナやサブマリーナに代表されるスポーツモデル中心でしたが、現在では稀少ダイヤルのデイデイトや、同じくデイトジャストなどにも広がりを見せてきています。
腕時計、特にロレックスにおいては人気の拡散が早い傾向にありますので、こちらに限らず気になるモデルがあれば早めのご決断をおすすめいたします。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

皆様こんにちは。銀座エバンスです。
本日は世界三大ブランドのひとつでありますオーデマピゲ ロイヤルオークオフショア【1st Model】をご紹介致します。

Ref.25721ST.O.1000ST.01
d0159403_19131398.jpg

時計の祭典、『ジュネーブサロン』、『バーゼルワールド』が閉幕し数ヶ月が経ちました。注目の最新モデル、徐々にではありますが店頭でご覧いただける機会が増えてきました。

そんな中、当社がとりわけ目を引いたブランドが『AP~オーデマピゲ』です。

特に今年は『ロイヤルオークオフショア』誕生から25年という記念すべき年であり、1993年発表の第一作を復刻したモデルが登場しました。
この復刻モデルではラッカー仕上げのプチ・タペストリー文字盤装飾をはじめ、文字盤カラー、外装などほぼオリジナルモデルを忠実に再現しております。

近年のオフショアマーケットを見ますとやや下火である印象を受けますがこの復刻版が登場した事により今現在かなりの注目が『ロイヤルオークオフショア』に注がれております。
その要因のひとつとして復刻版はレギュラーモデルではなくブティック限定である事です。(生産本数は公表されておりませんがかなりの少数生産です)正直買いたくても買えないプレミア感満載のモデルです。

ブティックではジュネーブサロン閉幕後、2月から注文が殺到しており今は予約すら出来ない状況です。運良く注文出来たとしてもデリバリーまでに相当な時間がかかるようです。

現時点ではブティックは勿論の事、並行輸入店でも全く在庫がなく入荷の目処が立っていないそうです。仮に在庫があったとしても定価をはるかに上回る金額(約500万円以上)になるそうです。

そんな状況の中、皆様朗報です。

実は私ども、こちらの復刻モデルではなく【1st Model】をなんと入手致しました。
かなりレアです。もちろん復刻版よりレアです。しかもボックス・保証書付きの完品です。
現時点で在庫所有店は『銀座エバンス』のみです。
d0159403_19130619.jpg
d0159403_19130975.jpg
1st Modelをお探しの方、復刻をお探しで購入を諦めた方、そして全世界の時計ファンの方・・・。

どのモデルもそうですがやはり『ファーストモデル』にかなうものはございません。
歴史を一緒に感じましょう。

ご興味のある方は是非『銀座エバンス』に足をお運び下さい。ご来店心よりお待ちしております。




銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

銀座エバンスの福田でございます。
本日も銀座は暑いです。日差しがキツイので外出時は水分補給には気をつけたほうがよさそうですね。

さて本日ご案内する時計はこちらです。夏に向けてオススメの時計がいくつか入荷しております。

パネライ ルミノール 1950 3デイズ
定価:¥896,400(税込)
USED販売価格:¥598,000(税込)


d0159403_14505556.jpg
先ずは高い人気を誇るルミノールマリーナ系のベーシックモデルのユーズドです。迫力の44mmケースに自社キャリバーP.9000を搭載して3日間のパワーリザーブを実現しています。夜光ディスクとの2層構造のサンドウィッチ文字盤に優しいタッチのアラビア数字が安定のデザインですね。実用的なだけではなく、大きい時計をさり気なく使いこなしたいという要望にもきっちり応えてくれるモデルです。
腕周りのサイズには限度がありますが、男女ともに人気のあるパネライですので女性の方にもお勧めです。もし大きさで迷っていらっしゃる方は是非一度お試し下さい。
d0159403_18340814.jpg
箱、ギャランティと付属の交換用ラバーストラップです。こちらのモデルは現在生産終了になっておりますが、2015年製で非常に状態が良い個体です。スモールセコンドがブルーになっている現行モデルよりシンプルなデザインやカラーがお好きな方には大変お勧めです。
徐々に暑くなってきますので、今夏はこちらのラバーストラップに交換して楽しんで頂くのは如何でしょうか。




ベル&ロス BR 03-92 HERITAGE
定価:¥561,600(税込)
販売価格:¥438,000(税込)

d0159403_14503979.jpg
続いてベル&ロスの新品です。
1991年創業。カルロス・A・ロシロとブルーノ・ベラミッシュによって設立。航空機や宇宙船に搭載する機器の設計者や専門家の方々によって設計される時計は、スイス時計の伝統と過酷な環境に耐える技術力との融合を目指します。そして、実用を最優先にして無駄を許さないという考えの下「視認性」、「機能性」、「高精度」、「防水性」という大きく4つのコンセプトに基づいてデザインされた時計は、この妥協を許さない姿勢によってあらゆるプロフェッショナルにとっての任務遂行に欠かせないパートナーとなり得ます。

こちらのモデルは航空計器をモチーフにデザインされております。高い視認性と実用的な100m防水の自動巻きタイプです。無反射コーティング加工を施したサファイアクリスタルガラスが使用された42mmのマットブラックセラミック製ケースは存在感抜群ですね。
d0159403_12165211.jpg
d0159403_14504457.jpg
また、そのマットブラックセラミック製ケースにブラウンレザーストラップがお洒落ですが、付属の黒いナイロンストラップが嬉しいですね。交換時に必要な工具も付いてますので、ご自身でベルト交換を楽しめます。これからの季節にはお勧めです。こちらは店舗2階で展示中ですので、お近くへお越しの際はお立ち寄り下さいませ。皆様のご来店を心よりお待ちしております。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-06-05 18:27 | その他