カテゴリ:その他( 241 )

銀座エバンスの福田でございます。
本日も銀座は暑いです。日差しがキツイので外出時は水分補給には気をつけたほうがよさそうですね。

さて本日ご案内する時計はこちらです。夏に向けてオススメの時計がいくつか入荷しております。

パネライ ルミノール 1950 3デイズ
定価:¥896,400(税込)
USED販売価格:¥598,000(税込)


d0159403_14505556.jpg
先ずは高い人気を誇るルミノールマリーナ系のベーシックモデルのユーズドです。迫力の44mmケースに自社キャリバーP.9000を搭載して3日間のパワーリザーブを実現しています。夜光ディスクとの2層構造のサンドウィッチ文字盤に優しいタッチのアラビア数字が安定のデザインですね。実用的なだけではなく、大きい時計をさり気なく使いこなしたいという要望にもきっちり応えてくれるモデルです。
腕周りのサイズには限度がありますが、男女ともに人気のあるパネライですので女性の方にもお勧めです。もし大きさで迷っていらっしゃる方は是非一度お試し下さい。
d0159403_18340814.jpg
箱、ギャランティと付属の交換用ラバーストラップです。こちらのモデルは現在生産終了になっておりますが、2015年製で非常に状態が良い個体です。スモールセコンドがブルーになっている現行モデルよりシンプルなデザインやカラーがお好きな方には大変お勧めです。
徐々に暑くなってきますので、今夏はこちらのラバーストラップに交換して楽しんで頂くのは如何でしょうか。




ベル&ロス BR 03-92 HERITAGE
定価:¥561,600(税込)
販売価格:¥438,000(税込)

d0159403_14503979.jpg
続いてベル&ロスの新品です。
1991年創業。カルロス・A・ロシロとブルーノ・ベラミッシュによって設立。航空機や宇宙船に搭載する機器の設計者や専門家の方々によって設計される時計は、スイス時計の伝統と過酷な環境に耐える技術力との融合を目指します。そして、実用を最優先にして無駄を許さないという考えの下「視認性」、「機能性」、「高精度」、「防水性」という大きく4つのコンセプトに基づいてデザインされた時計は、この妥協を許さない姿勢によってあらゆるプロフェッショナルにとっての任務遂行に欠かせないパートナーとなり得ます。

こちらのモデルは航空計器をモチーフにデザインされております。高い視認性と実用的な100m防水の自動巻きタイプです。無反射コーティング加工を施したサファイアクリスタルガラスが使用された42mmのマットブラックセラミック製ケースは存在感抜群ですね。
d0159403_12165211.jpg
d0159403_14504457.jpg
また、そのマットブラックセラミック製ケースにブラウンレザーストラップがお洒落ですが、付属の黒いナイロンストラップが嬉しいですね。交換時に必要な工具も付いてますので、ご自身でベルト交換を楽しめます。これからの季節にはお勧めです。こちらは店舗2階で展示中ですので、お近くへお越しの際はお立ち寄り下さいませ。皆様のご来店を心よりお待ちしております。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-06-05 18:27 | その他
こんにちは、銀座エバンスの稲田です。
蒸し暑い日が続きますね。
みなさま体調に気をつけてお過ごしくださいね。






さて、本日はユリス・ナルダンからソナタ のご紹介です。

d0159403_13505761.jpg


1846年、このブランドの創始者であるユリス・ナルダン氏は、当時の時計師の中で最も優れた先生に弟子入りし、時計づくりを学んだ後、”マリーンクロノメーター”の製造に力を入れます。
マリーンクロノメーターとは、以前の私のブログ「伝統ある鎖引き時計 リヒャルト ランゲ “プール・ル・メリット”」 でも少し触れましたが、船に乗って航海する上で必要不可欠な船専用時計のことです。

今回のブログは、マリーンクロノメーターを世界に広めた同氏の活躍以前の、なぜマリーンクロノメーターが必要だったか、何のための道具なのかなど、開発者の面白い逸話を交えながらお話を進めていきたいと思います。

15世紀初頭から17世紀にかけて、ヨーロッパ諸国で行われた航海による様々な発見をした時代、”大航海時代”。それまで伝説や想像の中だけの話だった世界各地が、船で大海原へ乗り出すことによって探検家達の目で実際に確認された時代を指します。
有名なコロンブスやヴァスコ・ダ・ガマもこの時代の人たちですね。

「海を支配する者が世界を征する」という思想の中、各国は競って海軍を作り各地で頻繁に海戦が繰り広げられていました。その中で、乗組員が敵襲より何より恐れていたもの、それは自分達の今いる居場所がわからないことでした。現在地点すなわち経度がわからないということは、いつ大きな岩にぶつかって座礁するかわかりませんし、自分の国の場所がわからないために長期間漂流をしてしまい、病気や餓死などが広がってしまうから恐いのです。


d0159403_17041838.jpg

そして1707年。ついに史上最大の悲劇が起こってしまいます。
海峡横断中のイギリスの軍艦4隻が大嵐に見舞われて沈没、2000人ものクルーたちが命を落としてしまったのです。この事件を機にイギリス政府は”経度法”を公布、緯度は太陽や北極星の高さを測ることでわかりますが、相次ぐ海難事故の要因は経度を測る手段がなかったからという結論からこの法律を定めました。
内容は「航海において、正確に経度を知る実用的な手段をみつけた者には2万ポンドの懸賞金を与える」というものでした。当時の2万ポンドとは、現在日本円にするとまさかの数億円です・・・!

ここでの「正確に」とは一日辺り約2.9秒の誤差である必要があること、「実用的な」とは気温や湿度、揺れなどの変化に対応できる脱進機のことでした。当時の時計といえば振り子時計が主で、上記の無理難題をクリアするのは不可能かに思えました。
桁外れな懸賞金は、当時まだ少なかった時計師達やそれに準じた内容の仕事の人々を奮い立たせ、こぞって腕を振るい合い自身の作品を製作したことでしょう。しかしどれもこれも実用化には程遠いものだったのだろうと想像します。


d0159403_17063292.png

経度法発足から数年後、懸賞金の噂を聞きつけたある人物がいます。彼の名は”ジョン・ハリソン”。(上記写真の人物です)彼は生涯をマリーンクロノメーターの開発に捧げ、今日の機械式時計の精度向上に大いに貢献した伝説の時計職人です。
1735年、船の形に似た大型のマリーンクロノメーター「H1」を完成させて、その後なんと60年間かけて「H5」までのマリーンクロノメーターを製作、最後に作ったH5は5ヶ月間の誤差がたったの15秒という神がかり的な作品でした。(下記写真をご覧下さい)

実は、1761年時点でH1からは想像も付かないほど小型のマリーンクロノメーター「H4」を完成させており、およそ2ヶ月半で5.1秒の誤差という記録的なタイムを出し、経度法で定められた課題を見事クリアしています。
これで彼が噂の莫大な懸賞金を受け取れると誰もが羨んでいた矢先、それをよく思わなかった経度評議委員会の位の高い人物によって妨害を受け、少ししか受け取ることができなかったそうです。
それでもめげずに最後の作品「H5」を彼の息子と共に完成させ、国王への直訴によりようやく全額受け取ることができた時にはもう御年80歳を迎えていました。


d0159403_12223172.png

ちなみに四番目の作品H4製作秘話ですが、彼は鉄と真鍮を組み合わせた”バイメタル構造”というテンプを製作、この二種類の金属を合わせることにより、温度や湿度の変化によって精度が狂うことなく動くという特徴を持ち、更にぜんまいを巻いている間でも動きが止まらない持続装置を新たに開発しています。
どちらも画期的な部品を搭載したこのマリーンクロノメーターこそ、温度を一定に保つための自動調節器”サーモスタット”の基本原理であり、あらゆる産業の原点となる作品でした。

このことが類稀なる才能の持ち主、ジョン・ハリソンが伝説の男として今日まで語り継がれている所以です。

d0159403_18391314.jpg

彼の人生を懸けた作品をもとに、ラーカム・ケンドルという人がマリーンクロノメーターK1(下記写真です)を製作、これは三年で一分の誤差という驚異の精度を持ちます。このK1を積んで三年もの航海をしたのは、私でも知っている高名な人物、ジェームズ・クック、通称キャプテン・クック。(上記写真の人物です)ヨーロッパ人で初めてハワイを発見し、史上初で航海中に壊血病(ビタミンC不足により、最悪の場合死に至る、航海につきものの危険な病気)を殆ど出さなかった偉大な船長です。
彼は乗組員たちのために船内環境を整え、衛生面に気を付け、長い年月航海することを成功させました。

そしてハリソン作のマリーンクロノメーターがあったからこそ成功した航海話は、瞬く間に世界に広がり、クック船長の偉業によりこれがどれほど優秀かを証明しました。その後様々な人物が改良を重ねた結果、イギリスの時計産業が著しく発展していきます。

d0159403_18395033.jpg

そしてついにユリス・ナルダン氏が登場するのですが、彼はこのマリーンクロノメーターの製造と改良に力を入れ、市場を独占するほど成功。ユリス・ナルダン社製のマリーンクロノメーターは世界中の軍隊に採用され、その実績が彼の自信に繋がり、これほどまで普及したことが何よりもムーブメントの凄さを証明しています。
それと同時に時計製造も行っており、非常に複雑な機構の時計から高精度のポケットクロノメーター(懐中時計)により世界に名を轟かせました。
マリーンクロノメーターの成功がなかったら、氏の今日の名声はないと言っても過言ではありません。
ですから、私はまずマリーンクロノメーターの生みの親であるジョン・ハリソンの偉業をみなさんにお伝えしたかったのです。

次回、ユリス・ナルダンの歴史とともに素晴らしい作品のお話をします。
みなさま楽しみにしていてくださいね。(写真はwiki等より引用させて頂きました)







銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)


「銀座エバンス 移転1周年記念キャンペーン!」 5月17~31日。プレゼント&特価ブランドあり!
「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg


by evanceblog | 2018-05-22 14:21 | その他
ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はルイ・ヴィトンのエスカル タイムゾーンをご紹介いたします。
ルイ・ヴィトンが本格的に時計分野に参入したのは2002年と最近の事ですが、原点であるタンブールから一貫して旅をテーマにした時計作りが行われてきました。エスカルはコンセプト、そしてクオリティの高さにおいて現時点での完成形であると同時に、ラゲッジやアパレルなど多岐にわたる製品群においても、ルイ・ヴィトンというブランドを象徴する傑作の一つと言えるでしょう。
d0159403_07535437.jpg

Ref.Q5D200
定価:¥955,800(税込)
USED販売価格:¥698,000(税込)

エスカル タイムゾーンが、これほどまでに賞賛される時計であることは発表の前年、2014年のエスカル ワールドタイムの存在があったからと言えます。
エスカル ワールドタイムは機能・デザインともに、エスカル タイムゾーンと類似していますが、その手法が異なります。まず機構については、ダイヤル上で24都市の各時刻が読み取れる点は同じですが、針ではなく3枚のディスクを回転させる事で時刻を表示します。また、カラフルで印象的なダイヤルは、38色におよぶ塗料を使用したハンドペイントで仕上げられ、その製作コストの高さから発売当時は約700万円という価格が設定されました。
一方、エスカル タイムゾーンにおいては、メインとなる時刻を時分針で表すよう改められ、またデザインのハイライトとも言えるダイヤルは、高い質感は保ちつつも色数を8色に抑え、転写プリントに置き換える事で大幅なコストカットを実現しています。さらにケース素材にはステンレスを用いることで、常用時計としてのポジションも格段に高めてきました。
d0159403_07541942.jpg
エスカル タイムゾーンはその美しいダイヤルに目を奪われがちですが、ケースデザインにおいても優れた点が数多く見られます。厚みを抑えることで装着感に優れたケースには、ラゲッジのごとく堅牢さを感じさせるヘアラインが施され、それと対を成すポリッシュ仕上げのラグはケースサイドに回り込み、ビスのモチーフと共にルイ・ヴィトンが長年に渡り培ってきた、旅のエッセンスそのものを投影しているかのようです。エスカル タイムゾーンからは、時計専業のブランドでないからこそ生み出せる、新しいデザインのアプローチを感じていただけるはずです。
また、時計の裏側からは遊び心が感じられます。まず裏蓋ですが、こちらは最近では一般的となったサファイアが採用されていますが、その中央にはモノグラムが大きくレイアウトされ、ムーブメントの姿を目にすることは出来ません。外から見えるのは自動巻きローターの外周のみ、そこには”ルイ・ヴィトン”と並び、搭載されるCal.LV87を生み出した時計工房”ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン”の銘が刻まれます。優れた機械を誇示したい、または外側からじっくりと観察したい、そこには作り手、ユーザー双方に様々な思いがあると思いますが、ルイ・ヴィトンの出した答えはサファイアを用いながらも全てを晒さない、それがエスカル タイムゾーンのあるべき姿なのでしょう。

d0159403_07543342.jpg
ベルトに関してはシックなグレーのアリゲーターを用いた表に対して、裏面は鮮やかなラバー仕立てとなっています。このラバーに関しては見た目の美しさもさることなが、優れたフィット感と耐水性を併せ持ち、裏材として実用性を重視した選択がされています。
また、バックルの形状にも特徴があり、これは時計というよりはバッグのストラップバックルの雰囲気を感じさます。この辺りのモチーフ選びは上手いなと感じる一方、時計のバックルとしてはやや華奢な設計ゆえ、剛性感に欠ける点が少し残念です。一度、手首に着けてしまえば、一日に何度も開閉するパーツではありませんが、もう少し厚みを持たせ、建て付けがしっかりとしたものであれば完璧だったように感じます。
d0159403_07544489.jpg
以上、エスカル タイムゾーンの特徴をご紹介してきましたが、アンダー100万円の定価をもって、これほどまでに魅力的なモデルは他に多くはありません。ルイ・ヴィトン時計は販路が限られ、一般的に並行市場に出てくることはありませんし、エスカル タイムゾーンに関して言えば、ブティックでの入荷も少なく手にする機会も限られるモデルです。本品は中古の個体ですが、使用感は殆ど感じられず、ベルトに関しても綺麗な状態を保っています。ぜひ、この機会にエスカル タイムゾーンを手にしてみて下さい。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「銀座エバンス 移転1周年記念キャンペーン!」 5月17~31日。プレゼント&特価ブランドあり!
「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-05-15 17:30 | その他
こんにちは、銀座エバンスの福田でございます。
今年もバーゼルフェア(スイス・バーゼルにて開催される世界最大の宝飾と時計の見本市)の時期がやってまいりました。22日から開始ですのでもう来週ですね。
どのような新作が発表されるのか今から楽しみです。


さて本日ご案内する腕時計はユーズドのIWC、アクアタイマークロノグラフです。

アクアタイマ-クロノグラフ
型番:IW376711
USED販売価格:¥488,000(税込み)
d0159403_11511573.jpg

1967年に発表されたアクアタイマーは、IWCが誇るダイバーズウォッチです。開発のコンセプトはダイビング用ということで200m防水(ご案内中の上記モデルは120m防水)を実現していますが、50年前ということを考えれば非常に高性能です。
その後、1982年に発表された2000m防水の「オーシャン2000」や機械式時計に水深計を装備した「ディープ・ワン」など発表され、アクアタイマーシリーズは多くのファンを虜にしています。

アクアタイマー・クロノグラフは、2009年にフルモデルチェンジした際にアウターベゼルが採用されました。操作が容易なアウターベゼルが実用的ですね。ちなみにこちらの青ベゼルに青文字盤は2011年に仲間入りしました。ベゼルの青と白の色のコントラストがハッキリとしており爽快感溢れるデザインがとても印象的ですね。様々な時計メーカーの中でクロノグラフ系が非常に高価となっている現在、120m防水の自動巻きクロノグラフでデイデイト付きとなれば価格と仕様のバランスは決して悪くないと思います。また、ベルトの素材はラバーとなっていますので、春から夏にかけてこれからの季節にいかがでしょうか。
尚、生産終了モデルでございますので、当時ご検討中でした方はこの機会に是非お試し下さい。ご来店を心よりお待ちしております。
d0159403_15371311.jpg
IWCの新作は1月に実施されたジュネーブサロンですでに発表されております。創立150年を迎えての記念モデルが何種類か発表されているようですが、商品は入荷次第ホームページでご紹介させていただきます。

※その他のIWCのユーズドの在庫はこちらからご覧くださいませ。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」



<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-03-13 14:59 | その他
こんにちは銀座エバンスの福田でございます。
今年は本当に寒いですね。先月、ついに自宅の給湯器の配管内が凍結してしまい朝から大変でした。
今月もまだまだ寒いので、風邪など引かないようお気を付けください。


本日ご案内する時計はこちらです。ロレックス・デイトジャストのレディス26mmでございます。生産終了モデルの為、新品でまとめてご用意出来るのは最後になるかも知れません。

レディス デイトジャスト(26mm)
型番:179173
価格:¥939,600(税込)
d0159403_14160886.jpg
2017年、定番レディスのデイトジャストが2mm大きくなった事は記憶に新しいですね。26mmのサイズは永年親しまれていたのでサイズ変更に伴い生産終了になったのは大変驚きました。

デイトジャストはロレックスの3大特徴を全て備えた代表作として、現在も多くのフアンの方々に愛されています。モデル名とされているデイトジャストとは搭載されている機構のことですね。午前零時付近で瞬時に日付が切り替わります。現在では当たり前のことですが、半世紀以上前に発表された当時は数時間かけて日付が変わるものが主流でしたので非常に画期的でした。メンズサイズからのスタートだったようですが、瞬く間に世界中の人々に浸透されていき現在に至ります。


レディス デイトジャスト(26mm)
型番:179160
価格:¥648,000(税込)
d0159403_15250625.jpg

上記以外にもピンクゴールドとのコンビネーション等もございますが、今後は素材違いで一度に比較することは難しくなりそうですね。
また179160の白ローマなどは新品では中々見つけ辛くなってきております。どうぞお早めにご検討下さいませ。

好評につき延長しておりましたセールや、24回無金利キャンペーンもいよいよ18日の日曜日で終了です。こちらも併せてご利用下さい。ご来店を心よりお待ちしております。

              ※その他のモデルはこちらからご覧下さいませ。




銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:
n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

延長決定!「セール」「0%無金利キャンペーン!」2月18日(日)まで
「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-02-13 13:52 | その他
新年明けましておめでとうございます。
銀座エバンスの福田でございます。
昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もより一層尽力してまいりますので、昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

さて、年末年始は漏水の影響で長い期間、ご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございませんでした。新年1月11日より営業を再開しておりますのでお近くへお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

d0159403_13111391.jpg

今月31日まで新春セールを開催しておりますが、同時に無金利キャンペーンも実施中です。24回までのショッピングクレジットは手数料無料となりますので、お支払い方法を月々均等払いでお考えの方はこちらもご検討ください。

d0159403_13194937.jpg
例えば下の画像の「デイトジャスト41」を24回払いでご購入の場合、6%の手数料68,880円が無料となります。大変お得ですので是非ご利用ください。
d0159403_13233352.jpg
それでは2018年が皆様にとって素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

エバンスの1月は「2018ニューイヤーセール!」「0%無金利キャンペーン!」
「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-01-16 14:53 | その他
12月下旬に発生した店舗への漏水および復旧工事のため、
年末年始に臨時休業をいただいておりました、
銀座エバンス店舗は【明日1月11日(木)11時から】営業を再開いたします。
11時~20時の通常営業を予定しています。
https://www.evance.co.jp/information/detail_981.html


1月は新春セールや無金利キャンペーンも開催しています。
銀座にお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。


-------
銀座エバンス

TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

エバンスの1月は「2018ニューイヤーセール!」「0%無金利キャンペーン!」
「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-01-10 17:48 | その他
皆様こんにちは。
銀座エバンスの飯田です。
もう少しで2017年も終わってしまいますね。
この時期は忘年会も多く忙しい時期ではないでしょうか。
寒さも厳しくなってまいりましたので皆様ご自愛ください。

私が今回、ご紹介させていただきます1本はベル&ロスから
BR03-92 ミリタリーです。
d0159403_17451411.jpg

Ref.BR03-92 MILITARY-R
参考価格:¥399,600(税込)
販売価格:¥268,000(税込)

ベル&ロスとは1992年誕生で、カルロス・A・ロシロとブルーノ・ベラミッシュの2人が創業したブランドです。
本社はフランスのパリにあり、時計の製造は全てスイス製。
「形は機能に従う」という信念のもと、航空機や宇宙船に搭載する機器の設計者や専門家達が集まり、プロフェショナルが使用するにふさわしい時計作りを行っています。
同社は比較的新しいブランドですが、その高い機能性とデザイン性で多くのファンから高い人気を得ています。
d0159403_17450800.jpg


ベル&ロス社は、「視認性」「機能性」「信頼性」「高精度」4つの基本原理を掲げており、宇宙飛行士やダイバー、パイロットまでもが任務遂行の為の必需品としています。

まだまだ日本での知名度はそれほど高くはありませんが、近年では芸能人やスポーツ選手の方達も愛用しているのをテレビで見かけることもあり、熱心な時計愛好家達は毎年発表される新作に注目しています。
洗練されたデザインでコックピットクロックを、そのまま腕時計にしたかの様なクールなデザインでも人気を集めています。

そんな同ブランド、今までは知る人ぞ知るブランドであったわけですが、その存在感を一際放つことになるモデルがございます。
それが2005年発表の「BR01」というモデルです。航空計器にインスパイアされ誕生しました。
ラルフローレンが惚れ込み、自社の広告ビジュアルに大々的に使用したことでも有名です。

BR01が46mmと一際大きめのケースサイズであるのに対し、今回のBR03は42mmとやや小型化し、デイト表示が加わりました。

42mmのケースサイズはフィット感も抜群に良く、実用性を考えられ製作されています。
以前、限定版として作られた「ヴィンテージ」シリーズのミリタリー・カラーを採用したレアなモデルです。
視認性の良さが際立ち、赤い「&」マークがワンポイントとなっています。
d0159403_17451977.jpg

こちらが試着イメージです。
意外にもスーツにも合います。プライベートでもクールな印象を取り入れることができ、ちょうど良いサイズ感ですのでファッションにも合わせやすいです。

プロフェッショナルが使う道具的な要素も見せつつも、格好良さやお洒落さを際立たせているデザインが魅力的ですね。
d0159403_17450250.jpg
ブラックPVDコーティングを施したステンレスケースと、カーキカラーがよく合います。
価格帯もそれほど高くありません。
お求めやすさも有り、機能、デザイン性を見ればコストパフォーマンスの良い時計であります。

ラウンド型の時計に飽きた方、またファッション性の強い時計などお探しの方にお勧めしたい一本です。
ぜひ当店でご覧ください。
皆様のご来店心よりお待ちしております。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 年中無休 11:00~20:00

【NEWS!】ただ今「ROLEXアンティークスポーツモデル(1680、6263、1016、1655、1675)」の買取を緊急強化中です!
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-12-22 11:00 | その他
ブログをご覧の皆様こんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はアメリカ屈指のジュエラーであり、世界最大かつ最高級のジュエリーと、時計を手がけるハリー・ウィンストンのアベニューをご紹介いたします。
d0159403_22132385.jpg
1989年から時計製造に着手したハリー・ウィンストンは、2007年には最先端の設備を整えた工場をスイス・プラレワットに構え、ハイジュエリーウォッチから、トゥールビヨンやミニッツリピーターに至るまで手がけています。またそれらの集大成として、世界最高峰の独立時計師達と共に開発を行うオーパスシリーズの製作において、ハリー・ウィンストンは時計メーカーとしての確固たる地位を手中に収めています。

Ref.AVCQMP16RR001
定価:2,376,000円(税込)
販売価格:1,980,000円(税込)
d0159403_22134244.jpg
「スターたちのジュエラー」と称されるハリーウィンストンの手がける時計は、素材の選定から造形に至るまで、極めて厳格な管理と創造のもとで生み出されています。それは、最良の製品を作り出す順当な手段であると同時に、ハリーウィンストンというブランドの空気を生み出すことに他なりません。
アヴェニューCにおいても、ニューヨークの高層ビルに着想を得たデザインからは、迷いの無い線がもたらす構築的な美しさ、そしてハリーウィンストンのハイライトと言える完璧なダイヤモンドセッティングの華やぎは、他では決して成しえない唯一無二の存在感です。

Ref.AVCQHM16RR017
定価:1,998,000円(税込)
販売価格:1,680,000円(税込)
d0159403_22135399.jpg
美しい時計の贈り物、大切な方への好適な品として自信を持って推薦させて頂きます。ぜひ、この機会にご検討下さいませ。




銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 年中無休 11:00~20:00


【NEWS!】ただ今「ROLEXアンティークスポーツモデル(1680、6263、1016、1655、1675)」の買取を緊急強化中です!

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-12-12 13:04 | その他
こんにちは、銀座エバンスの稲田でございます。
寒さも本格的になってきました。
みなさまお出掛けの際にはあたたかい服装で、風邪などにご注意くださいね。





さて、本日はめったに入荷しないレアブランド、”リシャール・ミル”から ”ラファエル・ナダルコレクションRM35-02” をご紹介いたします。

d0159403_17114707.jpg

まず、ラファエル・ナダルとは。
スペイン出身のプロテニス選手で、2017年の今年、全仏オープンテニスで前人未到の10度目の優勝を成し遂げた、スポーツに疎い私でもその名を知っている凄い人物です。
全仏オープンテニスとは、全豪オープン、ウィンブルドン、全米オープンの中のひとつで、世界四大のテニスのトーナメント大会のことです。
2005年、ナダルは初出場の全仏オープンで優勝。2008年にはウィンブルドン、2009年に全豪オープン、2010年、全米オープンと次々に優勝をかっさらい、24歳の若さでなんと、すべての場所でメジャータイトルを手にする”キャリアグランドスラム”を達成した、類稀なる才能の持ち主なのです。

テニスのコートは、芝でできているグラスコート、アスファルトのハードコート、土のクレーコート、カーペットや人工芝のインドアコート、これら四種類に分かれます。
ナダルは、土のクレーコートで圧倒的な強さを発揮する選手で、まさかのクレーコート81連勝という快挙を遂げています。
そのため、付いた愛称は”赤土の王者”。土のスペシャリスト、超人ナダルとも呼ばれる彼は、まるで教本のようにエレガントな美しいプレーをするロジャー・フェデラーとライバルとして戦い続け、万能選手である最強王者、フェデラーとの2強時代から、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレーが加わった4強(ビック4)と呼ばれる時代を生きて来ました。

そして2016年、全豪オープンでの一回戦敗退、終盤では左手首負傷のため欠場を余儀なくされ、10月には遂に、治療に専念するため残りのシーズンを全て打ち切る決意をします。
ビック4の時代は10年以上も続き、このことにより今度こそひとつの時代がおわった…という考えがファン達の頭をよぎりました。
私もナダルの怪我のニュースは知っていて、心配していました。もしかしたら引退も有り得るかもと。
ところが今年2017年。我らが赤土の王者は1月に全豪オープンで準優勝、その後どんどん調子を上げ、他3大会で優勝。そして6月、彼自身が一番重要だとする全仏オープンでテニス界史上初、10度目の優勝を見事飾ったのです!

d0159403_17121561.jpg

そんな彼の才能をいち早く見抜き、彼のためだけに世界のどこにも存在しない、唯一無二の腕時計を作ろうという壮大な夢を、ある一人の天才は思い描きます。
王者である彼の力強いプレーを邪魔することなく、かつ正確な時を刻む、強靭な腕時計づくり。
その夢を言葉や計画だけじゃなく、現実のものにしてしまった人物こそ、ウォッチコンセプターの名にふさわしいリシャール・ミル、その人なのです!


 ※ リシャール・ミルという偉大な人物については、2年前の私のブログで詳しく紹介しています。
   ウォッチコンセプターの意味もよくわかりますので、どうぞ合わせてご覧ください。
   ...「ウォッチ・コンセプター“リシャールミル”」


ラファエル・ナダルと、リシャール・ミルとの出逢いは今から約10年前の2008年。
一番最初の対談でリシャール・ミルは、ナダルには時計を着ける習慣がないため、彼に使ってもらえるよう可能な限り軽い時計を作ろうと考えたそうです。
その2年後の2010年にナダルの名を冠した記念すべき初代“RM027”が誕生。
彼のために開発したこの最初のモデルには、トゥールビヨンが搭載されており、その重さなんと約20g、世界一軽量なトゥールビヨンでした。

RM027はカーボンという優れた弾性と強度を持つ素材が採用されており、ナダルの力強いプレーで起きるその衝撃、手首への物凄い振動にもビクともせず、200Gの衝撃に耐える性能を王者自ら試合で示してみせました。
”G”とは重力の単位のことで、加速度を示します。例えばスカイダイビングで1G、世界最速のジェットコースターが5.5G、レッドブル・エアレース(世界最高の技術を持つレースパイロット達によるスポーツのこと)で10Gですので、テニスの衝撃って本当に凄まじいんですね…!
世界限定50本のこのモデルは、もし今見つかれば途方もないプレミアがつくことでしょう。

d0159403_17123376.jpg

その翌年の2011年、RM027からトゥールビヨン機構を取り除いたシンプルなRM035を発表。
実はこのモデル、東日本大震災のチャリティーオークションの目玉となり、日本赤十字社を通して復興支援のため全額寄付されたことで、当時話題沸騰となりました。
その落札金額なんと、8,190,000円。
それもそのはず、本来赤であるはずの“RM035”の文字が白、となっており、世界で唯一のナダルのプロトタイプだったのです。
数年前、エバンスにも一本だけ入荷をしましたが、瞬く間に完売となりました。(上の写真がRM035です)そして私はこのモデルから、リシャール・ミルのナダルコレクションを知ったのです。

そして今回ご紹介するのはRM35-02。
この鮮やかな赤が、まさに赤土の王者の腕を飾るに相応しい、このモデル。
ケースは見事なまでに赤く染め上げられたレジンを含んだクォーツファイバー層から成っており、レッドクォーツと呼ばれます。レジンとは樹脂のことで、リシャール・ミルが特別に開発させた真っ赤なレジンをシリコンに浸透させ、特殊な機械を用いて各層の繊維を45度ずつずらしながら積み重ねるという非常に高度な技術を要する製法でケースを形成しています。そして、特別な圧力鍋で120度の熱処理を行うのです。この素材は、耐衝撃性の他、紫外線に強く、非アレルギー性という優れた特性があります。
そして初代ナダルモデルの25倍、5000Gもの加速に耐える、まさに時計業界で唯一無二の最強モデル、それがRM35-02なのです!

d0159403_17120468.jpg

ナダルコレクションとは、軽量・耐衝撃性の代名詞というだけでなく、イノベーションを起こしたモデル、すなわち時計界においてまったく新しい技術や考え方を取り入れ、社会に大きな変化をもたらした、奇跡の腕時計です。
それまで、リシャール・ミルの名を知らなかった人々も、このナダルコレクションの発表により注目をし始め、何千万もする腕時計なのに、時計愛好家達はお金を惜しまず手に入れる。
それほどの魅力が、いや魔力ともいえるこのナダルコレクションの一本がまさか、エバンスに今あって実際に見ていただけるのです!!

どうかみなさま、この奇跡の一本をその目で確認してみてください。
こちらのモデルは顧客様からのご委託品です。今を逃すと次回はないと言っても過言ではありません。
ご興味のある方は是非、一度私稲田までご連絡ください。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。

d0159403_17124674.jpg






銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 年中無休 11:00~20:00

【NEWS!】ただ今「ROLEX現行スポーツモデル(デイトナ、GMTマスター、エクスプローラーI)」の買取を緊急強化中です!
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-12-05 19:24 | その他