人気ブログランキング |

カテゴリ:オメガ( 18 )

ご覧頂きましてありがとうございます、銀座エバンスの福永です。
本日はオメガのスピードマスター”ファーストオメガインスペース”をご紹介いたします。
d0159403_23292387.jpg
Ref.311.30.42.30.01.005
定価:572,400
販売価格:469,000円(税込)

スピードマスターと言えば、1969年のアポロ11号による人類初の月面着陸以降、6度の月面着陸に携行された”ムーンウォッチ”の名を冠するオメガを象徴するモデルです。
しかしながら、今回ご紹介の”ファーストオメガインスペース”は月面着陸以前の1962年、ウォルター・シラー宇宙飛行士が”シグマ7”に搭乗し、地球を周回した際に使用されたスピードマスターの復刻モデルであり、宇宙で初めて使用されたオメガウォッチの姿を今に伝える貴重な存在でもあります。
デザインは1962年当時のスピードマスター(2ndモデル)を再現しており、ケースの設計についてはサイズは39.7mm、そしてリューズガードの無いスタイルとなっております。ケースサイズ42mmのスタンダードなスピードマスタープロフェッショナル(Ref.311.30.42.30.01.005)などと比較すると一層コンパクトな印象です。
d0159403_23405153.jpg
また、針はアルファハンドと呼ばれる鋭利な形状が特徴で、クロノ秒針についても先端に夜光塗布部の無いストレート型を採用しています。ダイアルに関しては現行モデルで見られる"PROFESSIONAL"のテキストは入らず、これらは1959年に発表されたスピードマスター2ndモデル特有のディテールで、その後の3rdモデルのスピードマスターからは現行モデルに近い仕様になってきます。
d0159403_23471644.jpg
また、”ファーストオメガインスペース”は限定品ではありませんが、ナンバードエディションという製造本数を示すナンバーが入ります。1957トリロジーのスピードマスター(1st復刻モデル)のように、専用パーツを多様しコストをかけたモデルではありませんが、定価をスタンダードなスピードマスタープロフェッショナルと同等に抑えながら、2ndモデルの特徴的な要素をしっかり作りこみ、他とは一線を絶妙なポジションを確立したモデルと言えます。
d0159403_23325294.jpg
以降は、私個人的な推測を交えての内容になりますが、前述のようにナンバードエディションと位置付けられる”ファーストオメガインスペース”は、オメガ全体で管理されるシリアルナンバーの他、当モデルだけの製造個数番号が与えられています。最近の入荷分のナンバーは8,000~10,000番台と幅がありますが、2012年に生産が始まり今年で7年目を迎え通算10,000本強の生産本数であると仮定した場合、年産では1,400~1,600本程とオメガの規模からしたら少量生産に徹したモデルのように思えます。オメガの限定モデルの多くが、2,000~10,000本程の生産であることを考えると、”ファーストオメガインスペース”は限定モデルに近しい流通量と考えられます。
d0159403_23382130.jpg
最後になりますが、最近のオメガはスピードマスターを中心に価格高騰が見られ、アポロ系の限定や、スヌーピーアワード、アラスカプロジェクトなどNASAに縁の深いモデルの他、中古市場でも頻繁に見かけたマーク40AMPMや、ダイヤル外周にチェッカーフラッグを配した通称”タンタン”なども高騰の一途を辿っています。
理由は様々ですが、世界的に見てオメガの知名度は抜群に高く、時代の流れに影響されない確固たるポジションを確立したスピードマスターの存在があります。加えて、最近ではスピーディチューズデイなどを発端とする、過去モデル復刻やアレンジによってオリジナルモデルへ再びスポットが当たる事も珍しくありません。さらには、高騰続けるロレックスの相場に対してオメガ、特にスピードマスターの値頃感はまだまだ強く、製品自体が持つポテンシャル(品質だけに限らず、歴史的背景から需要の高まり)の高さに惹かれ手にされる方も増えています。そして、スピードマスターの人気は海外市場の方が高く、それ比べると日本は新品・中古共に価格上昇が緩やかかつ、人気モデルの在庫数も豊富に揃っています。
今回、ご紹介の”ファーストオメガインスペース”が今後、希少性が増し価格高騰の波に乗るかは断定出来ませんが、その素質は十分に秘めたモデルではないでしょうか。



銀座エバンス
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00)土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp


現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。
ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg


by evanceblog | 2019-03-12 14:28 | オメガ

ブログをご覧のみなさま、こんにちは、エバンスの渋田です。
3月に入り、だいぶ春らしくなってきましたね。
とはいえ、寒暖の差も多いこの季節、お体にはご自愛ください。

さて、今回はジーンズ好きには必見!オールシーズン対応、「オメガ レイルマスター デニム柄ダイアル 」のご紹介です。

d0159403_11075394.jpg

ジーンズが好きだ。
デニム柄文字盤の『 レイルマスター 』が入荷したと聞いて早速、拝見。
ステンレスボディにデニム風のブラッシュ加工が施されたブルー文字盤、針はデニムと相性の良いロリポップ針。(針だけブラウンだなんて・・・、お洒落すぎる!!)時計だけでしっかりと手元が完結している。愛用のジーンズとリンクした想像・・・、ますます好印象―。


もともと鉄道や磁場の近くで働く人のためにつくられた耐磁性能を持ったオメガの人気シリーズが、スマホ・パソコン世代に活躍の場を移して現代に復活。機能、デザインともに申し分ない。男女問わず、誰の腕でも。
d0159403_11070768.jpg
オメガ シーマスター レイルマスター(OM9841)
40mm径ですが、女性でもメンズライクにカッコよく着けられます。是非、貴女の腕にも。



銀座エバンス
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00)土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp

現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。
ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg



by evanceblog | 2019-03-11 10:00 | オメガ
ブログをご覧の皆様こんにちは。
本日はオメガ「シーマスター ダイバー 300M(2018モデル)」をご紹介いたします。

ヘリウムエスケープバルブを備えたオメガの本格ダイバーズウォッチであるこちらは、誕生25周年にあたる2018年にリニューアルいたしました。

新しい外観に、新鮮さと時に戸惑いなども感じつつ、新旧モデルの新品を同じ土俵で見比べられる端境期的なこの時期は、定番モデルにおける時計選びの楽しみもあるように思います。

さて、まずは正面から
左)前機種 212.30.41.20.03.001(青文字盤)41ミリ径
右)新機種 210.30.42.20.01.001(黒文字盤)42ミリ径
d0159403_10412339.jpg
文字盤は共に光沢仕様、新型はセラミック素材をレーザーエッチングした波模様が入ります。波模様は微妙なくぼみがあり、マットなグレーで高級感が増した印象。ベゼルの数字は、シルバーからホワイトエナメルに変わり視認性が増しています。ヘリウムエスケープバルブなど各パーツが大きくなったこともあり、サイズ差が1ミリと思えないほどに新機種は存在感があります。


横から
d0159403_10413055.jpg
新型ではリューズが大きくなり、ケースの厚みや形状も変わっています。
ブレスレットは厚みが微妙に増しています。新機種のしっかり感が横からも感じられます。

後から
d0159403_10414698.jpg
シーホースの刻印入りの裏蓋からシースルーバックに変わりました。15,000ガウスの高耐磁仕様のマスターコーアクシャルムーブメント(Cal.8800)をご覧いただけます。ラグも厚みが加わり形状も変わっています。そして、ブレスレットの留め具にも注目。大きさがぐっと変わっています。これには理由があります。

d0159403_10420209.jpg
写真はブレスレットを延長した状態。前機種では(水色部分)=折りたたみ式の延長のみだったのが、新機種では折りたたみ式+引き伸ばし式の2種類になり=(水色)+(ピンク色)、より延長が効くようになっています。

d0159403_10415742.jpg
反対から見るとその仕組みが見えてきます。新機種の留め具の中央部には、引き伸ばし式用のプッシュボタンも見られます。

このように、サイズだけでなく全体にしっかりとした造りとなった新機種は、新ムーブメントを搭載し次世代を意識した1本に仕上がっています。かたや、前機種も模様がなくすっきりした文字盤やコンパクトに感じるサイズ感でこちらもなかなか魅力です。

前機種の新品での入手は、黒文字盤ではそろそろ難しいようですが、こちらの青文字盤の新品は銀座エバンスにございますので、店頭で是非ご覧ください。みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。

d0159403_13504904.jpg d0159403_13505546.jpg

・前機種 212.30.41.20.03.001(青文字盤)41ミリ径 販売価格¥398,000 →【商品ページへ】
・新機種 210.30.42.20.01.001(黒文字盤)42ミリ径 販売価格¥543,000 →【商品ページへ】





銀座エバンス
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00)土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp

現金払い・銀行振込 「3%キャッシュバック」好評開催中です。
ショッピングローン分割払い 「48回まで分割無金利」好評開催中です。

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2019-02-25 15:00 | オメガ
ブログをご覧のみなさま、こんにちは。
エバンスの渋田です。

ヴィンテージというにはまだ早い?いやいや、すでに十分なヴィンテージ感、味わいをもったシーマスターをご紹介いたします。

d0159403_15592524.jpg


オメガでは珍しい、機械式アラームを搭載した1970年代のシーマスター。ダイアル中央の▲マークと2本線がアラームの時刻。2時位置のトリガーボタンと4時位置のリュウズでアラーム設定や操作を行います。マットメタリックに仕上げたステン素材をクッションケースで包みこんだ近年ではあまり見かけないデザインに少し焼けたオレンジカラー。なんともマニアックな風貌。
そして以外と軽量―。

機械式アラームですが、目覚まし時計ではない。この音で起きようものなら細心のご注意を。それにしてもこのジリリ・・・、時を告げるには上品すぎる機械式のアラーム音、たまらない。

オメガ シーマスター・メモマチック
1970年代製




銀座エバンス
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00)土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp

「現金払い・銀行振込3%キャッシュバック」「48回分割無金利」も好評です!

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg


by evanceblog | 2019-02-11 10:00 | オメガ
ブログをご覧の皆様こんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はオメガの東京2020限定モデルをご紹介いたします。こちらの限定モデルは日本国内専売品となり、従来の限定で見られたような世界規模での販売は行われません。また限定数は55セットと限られ、オメガの生産規模からすると大変希少性の高い限定モデルと言えます。

スピードマスター東京2020リミテッド
販売価格:¥5,280,000(税込)

d0159403_14343335.jpg
限定モデルのベースはスピードマスタープロフェッショナル、言わずと知れたオメガを象徴するモデルであり、ムーンウォッチの名を欲しいままにする傑作です。五輪のカラーリングを纏った5本のスピードマスターが専用ボックスに収められる姿は壮観の一言です。コレクションとして保管して頂くも、日々お好きなカラーをお使いいただくのもオーナーにのみ許される特権です。

それでは、各モデルをご紹介いたします。まずはステンレスケースにブルーダイヤルを収めた爽やかな印象のモデルです。宇宙に関わりの深いスピードマスターは、過去にもジェミニ4号ファーストスペースウォーク(Ref.3565-80)として、ブルーダイヤルモデルを発表しています。
d0159403_14360480.jpg
続いては、ステンレスにイエローゴールドのアクセントを用いたブラックダイヤルです。こちらは五輪のカラーにおいては黄色を担当するモデルです。時計としては王道とも言えるカラーリングで、高級感を兼ね備えた仕上がりです。
d0159403_14364035.jpg
通称パンダダイヤルと呼ばれるホワイトダイヤルはスピードマスターの中でも屈指の人気を誇り、過去にはアポロ11号35周年モデル(Ref.3569.31)などで似たカラーリングのモデルがありましたが、いずれも今では希少性の高さゆえ価格が高騰しています。本来、ブラックダイヤルのイメージが強いスピードマスターにおいて、ホワイトダイヤルという一目で分かる意外性が支持される要因かも知れません。
d0159403_14374533.jpg
続いてはオメガ独自のセドナゴールドと、グリーンベゼルのマッチングが絶妙なモデルです。ローズ系のセドナゴールドはオメガ独自の素材であり、経年変化で黄色味を帯びやすいローズゴールドの欠点を克服するべく、パラジウムを加えた合金として開発されました。
d0159403_14381797.jpg
最後は赤いベゼルを備えたモデルです。素材のステンレス、ダイヤルのシルバーとシンプルなカラーリングだからこそ際立つ赤いベゼル、今回のセットにおいて最もシンプルかつ印象的なモデルではないでしょうか。
d0159403_14350866.jpg
ここ数年ではスピードマスターを取り巻く環境も一変し、過去の限定モデルや、流通量の少ないモデルに注目が集まり価格の高騰が続いています。そして、人気の高まりを見せる多くが東京2020限定モデルと同じスピードマスタープロフェッショナルに該当するモデルです。今回のこちらも日本国内限定と販路が限られ、限定数も55セットと希少性の高さが際立ちます。オリンピック開催を控えた今だからこそ、早めのご検討ご決断をおすすめいたします。

銀座エバンス
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00)土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp

「ニューイヤーセール2019」 開催中! ~1/31まで
「現金払い・銀行振込3%キャッシュバック」「48回分割無金利」も好評です!

<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定! <メールマガジン> 無料、入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2019-01-18 12:58 | オメガ
こんにちは
銀座エバンスの飯田です。
九月もいよいよ終わりに近づいてまいりました。
平成最後の夏も終わり、寂しい限りです。
季節の移り目を感じるように、連日に渡り寒暖差のある日が続いておりますので皆様ご自愛ください。

今回ご紹介させていただく商品は
オメガの「スピードマスター CK2998」です。
d0159403_19303980.jpg
型番:311.32.40.30.02.001
販売価格:828,000(税込)


2018年新作のモデルで、世界2998本限定の一本が入荷致しました。
オメガといえば、最初に月に行った時計のスピードマスター「ムーンウォッチ」が有名ですね。
昔から宇宙との関わりが多い同ブランド。
そんな中から、今回は「宇宙で着用された最初のオメガウォッチ」に焦点を当ててみようと思います。

まずは、こちらのCK2998というモデルの歴史からお伝えいたします。
初代スピードマスターのCK2915がモータースポーツ用として、1957年に発売されました。
まだこの時点では、スピードマスターは宇宙との繋がりは無く、レース用でした。
しかし、その二年後の1959年にCK2998のオリジナルが発売され、宇宙との関わりを得ることになります。

初代スピードマスターを受け継ぐセカンド・モデルとして登場したCK2998。
NASAのマーキュリー計画「シグマ7」ミッションで、1962年に地球を周回した宇宙飛行士のウォルター・シラーが腕に着けていたのがCK2998の品番を持つスピードマスターだったのです。
この時初めて、ウォルター・シラー氏と共に宇宙遊泳を果たしました。
その後、CK2998はスピードマスター史上最も人気のあるヴィンテージモデルとして人気を得ていきます。

そういった中、スピードマスターは改良を重ねていき、月に行ったムーンウォッチなどを発売していくのでした。

その様な宇宙との関係の深いCK2998の作品をオマージュし発売されたのが、今回のRef.311.32.40.30.02.001なのです。

それでは、今回のモデルを見ていきます。
まず注目すべきは文字盤です。
d0159403_19304783.jpg
通称パンダ文字盤とも呼ばれる白と黒を基調とし、コントラストをはっきりとさせた文字盤が人気の高い一本。
軽いサンドブラスト加工を施したシルバー文字盤に三つのインダイアルが備えられています。

赤いクロノグラフ針が鮮やかに彩りを添え、アルファ針と呼ばれる針がスマートさと視認性を高めていますね。

また、ケースサイズも39.7mmと腕にちょうどフィットするサイズ感なので嬉しいですね。
d0159403_19305121.jpg
試着イメージがこちらです。
ドライバースタイルのベルトにはパンチングが施され、内側に配されたホワイトラバーが顔を覗かせます。
軽い仕上がりとなっており、着用感は抜群です。

ベゼルは新作のブラックセラミック製ベゼルが採用されており、一分間の脈拍数が測定できるホワイトエナメルのパルスメータースケールが搭載されています。

内部には名作のCal.1861を搭載しており、現在では珍しい手巻クロノグラフムーブメントです。
手巻というと面倒という方も多いかも知れませんが、逆にそれは味にもなります。
時計と会話するかのように、毎日巻き上げて頂くと自然と愛着も沸いてくるというものです。

宇宙との関わりが深いオメガのスピードマスター。
語れる歴史もまた魅力の一つです。
限定品で数少ない商品ですので、是非当店にてご覧頂ければと思います。

d0159403_19325292.jpg
手巻モデル
18石
21600振動
SSケース(直径39.7mm)
パワーリザーブ48時間
50mm防水
世界限定2998本



銀座エバンス
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00)土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
※10月末まで、銀座駅[B3出口]は閉鎖中です。[B5(晴海通り)出口]をご利用ください。お知らせ

「大幅値下げ市!」各1点限りの特別価格でご案内中!53万円引き品も!
「ROLEXアンティーク」買取強化中!  ※「ROLEXパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-09-25 18:55 | オメガ
ブログをご覧の皆様、こんにちは銀座エバンスの福田でございます。
本日の銀座はあいにくの雨ですがゴールデンウィーク後半の連休は良い天気が続きましたね。連休中はいかがお過ごしでございましたか。
さて本日は2017年発表のオメガ「スピードマスターレーシング マスタークロノメーター」をご案内いたします。

スピードマスター レーシング マスタークロノメーター
型  番:329.30.44.51.01.001
定  価:¥982,800(税込)
販売価格:¥833,000(税込)

d0159403_15350076.jpg

スピードマスターといえばNASAの公式時計に選ばれ、1969年7月には世界で初めて月面で着用されたという快挙を成し遂げた伝説のモデル、手巻きの「スピードマスター プロフェッショナル」が有名ですね。現在も手巻きのモデルは製造しており世界で最も有名なクロノグラフのひとつとなっております。

今回ご案内している時計は手巻きモデルから派生した自動巻きです。文字盤に配されているチェッカーフラッグのような目盛りが大きな特徴ですね。この独特なスタイルが初めて登場したのは1968年ということでですが、モデル名「レーシング」の由来ともなっています。

d0159403_17331094.jpg
44.25mmの迫力のケースにはスイス連邦計量・認定局(Swiss Federal institute of Metrology:METAS)によって認証された、キャリバー9900を搭載。パワーリザーブ60時間や15,000ガウス以上の耐磁性能を実現したオメガ最高水準の性能を備えます。
ちなみに上記スイス連邦計量・認定局が定めた厳しいテストに合格した時計だけに与えられる称号をマスタークロノメーターといいますが、こちらはスイス公認クロノメーター検定協会(COSC)での規定にパスしたムーブメントを搭載した完成品の時計が、スイス連邦計量・認定局(METAS)のテストに合格する必要があります(オメガの施設にて実際に装着した状態を想定し、水や磁気に対する耐性が検査されます)。

d0159403_14592302.jpg
ダイアルの3時位置にクロノグラフの60分計と12時間計を同軸に配置、6時位置に日付表示を備えます。一般的に別々に配置されることが多い60分計と12時間計が一つにまとまったことで、文字盤がスッキリとした印象になりました。
また、存在感のあるモデルですがご試着いただきますと意外と収まりが良く、ビッグフェイスが多数を占める近年ではそれほど大きさを感じさせません。スピードマスターの中でもサイズが大きめのものをお探しの方には大変お勧めです。今回の入荷はこちらの黒文字盤のみでしたので、ご興味ある方は是非お早めにご来店下さいませ。心よりお待ち申し上げます。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-05-08 23:12 | オメガ
皆様こんにちは
銀座エバンスの飯田です。
五月に入り、最近は暑い日差しが照って参りました。
水分補給などそろそろ気を使う時期でしょうか。
皆様、お体にはお気をつけ下さい。

それでは、今回はオメガのシーマスタープラネットオーシャン600Mの
マイケル・フェルプス限定をご紹介させていただきます。
d0159403_19375995.jpg
Ref.215.32.46.51.04.001
定価:¥961,200
販売価格:¥1,248,000


競泳界のレジェンド、マイケル・フェルプス選手に敬意を表したモデルです。

皆様もご存知の通りフェルプス選手といえば、五輪史上最多のメダル数を誇る28個ものメダルを獲得した偉大なるスイマー。
史上最強との呼び声も高い選手です。
オリンピックのメダル獲得数で比べると陸上界のスター、ウサイン・ボルト選手の金メダル獲得数はこれまで8個。
競技が違えど、フェルプス選手の金メダル23個はもの凄い数だということがお分かりになるかと思います。

数ある記録の中でも特に有名なのが北京五輪での金メダル8個獲得です。
才能がある選手でも、物凄い量のトレーニングをこなし、それでも頂点に立つのはほんの一握りの中、この記録は凄過ぎますね。

まさに”怪物”の名に相応しい活躍です。

そんなレジェンドへ敬意を表すこちらのモデルは、稀少な世界限定280本。
その数の少なさから、中々見ることの出来ない一本です。
d0159403_16383745.jpg
鮮やかなブルーセラミック製のベゼルは最初の15分がオレンジのラバーで彩られています。
艶が有り美しい輝きを放っています。セラミックベゼルの強みですね。
文字盤はホワイトセラミックのポリッシュ仕上げで、爽やかさ溢れるフェイスです。
インデックスはブルーのアップライドインデックスが配され、12の数字はオレンジに施されています。
d0159403_16395187.jpg
裏側のシースルーバックになっているサファイアクリスタルガラスには彼のニックネームの”MP”の文字が刻まれています。

そして、なんといってもその先に見えるムーブメントが美しい動きを見せています。
こちらの搭載されたキャリバー9900は美しいアラベスク調ジュネーブウェーブが施され、高級クロノグラフに使用されるコラムホイールと、オメガが開発したコーアクシャルエスケープメントの自動巻きクロノグラフムーブメントです。

15,000ガウス以上もの超耐磁性能を持つ次世代のマスタークロノメーターキャリバーです。
d0159403_16383337.jpg
ケースと一体化したブルーのラバーストラップにはオレンジのステッチとライニングが施されています。
細部にまでこだわり作り上げているオメガの技術力には脱帽ですね。
d0159403_19195671.jpg
全体的に爽やかに仕上げた一本です。

すでに国内正規店には在庫が無く、新品での取り扱いがあるのは現在エバンスのみです。
是非、この機会に稀少な一本をご覧いただきたいです。

偉大なるオリンピアンに敬意をささげ、今年の夏を満喫してはいかがでしょうか。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) ※土・日・祝日も営業
MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-05-01 19:31 | オメガ
皆様こんにちは。
銀座エバンスの飯田です。
四月に入りすっかり暖かくなってまいりました。
過ごしやすい季節になりましたね。
ピクニックなどには良い時期です。皆様はいかがお過ごしでしょうか。


今回ご紹介させていただきます一本は
オメガのシーマスター 300 1957トリロジーです。
つい先日入荷したばかりの商品のご紹介を致します。
d0159403_20165707.jpg

オメガといえば圧倒的な知名度を誇り、男女問わず知っている方も多いかと思います。
そんな同ブランドから歴史的なモデルの復刻版が登場致しました。
1957年に誕生した、「スピードマスター」「シーマスター」「レイルマスター」
この3本の時計の60周年を記念し、2017年に発表されたのがトリロジーコレクションです。

同じ年に3種類もの復刻版を登場させ、デザインは忠実に当時の面影を再現しているのですからオメガの意気込みを感じます。
このトリロジーコレクションの内の一本「シーマスター」を見ていきましょう。

まずシーマスターといえば、オメガを代表するダイバーズウオッチですね。
同モデルの歴史を見てみると、1932年にまで遡ります。
第二次世界大戦中オメガの「マリーン」というモデルが、イギリス軍の依頼を受けて作成されました。
「ねじ込み式の裏蓋を使用した防水時計」で、その当時オメガの高い技術力を示した時計と言われています。

そして戦後、軍事用に開発されたモデルを市販用に改良し、1948年に「シーマスター」として発売。
高性能な本格的スポーツウォッチとして世界中でヒットをしました。
ただ、この頃は日常防水機能程度しか有していませんでした。

その後、1957年に防水性を改良し、本格的なダイバーズウォッチとして、シーマスター300(CK2913)が登場します。
この頃のモデルの復刻が今回のトリロジーなのです。
d0159403_20153376.jpg
文字盤は非常に見やすくシンプルです。
ロレックスのエクスプローラーⅠにも近いデザインですね。
回転ベゼルのデザインがオリジナルを忠実に再現しています。
文字盤はヴィンテージ感があり、美しいですね。
ブラックトロピカルダイアルとも呼ばれています。

またムーブメントは最新のマスタークロノメーターCal.8806を搭載しており、精度は抜群。
15,000ガウス以上の耐磁性能を備えているので、昨今の電子機器による磁気帯びなどにも強いです。
この時代には非常にマッチしたムーブメントですね。
d0159403_20165391.jpg
そして、ケースバックにはシーホースと60周年記念である刻印が彫られています。
サイズ感も39mmとちょうどいいので着けた際のバランスも良いですね。
d0159403_20153757.jpg
ヴィンテージ感溢れる造りに、わたくしも心を掴まれてしまいました。
オメガファンだけでなく、時計好きの方たちを虜にすることでしょう。
d0159403_20154415.jpg
付属品も替えストラップや、交換用ツールが付いています。
大きいレトロなボックスも雰囲気を高め、所有者の満足度を高めてくれることに違いないでしょう。

USED
Ref.234.10.39.20.01.001
定価:¥810,000(税込み)
販売価格:¥750,000(税込み)

ヴィンテージ風がお好きな方はぜひご覧ください。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ユーズドウォッチフェア」開催中!。期間中、ユーズド・アンティークは現金払いで3%引き、分割払いで24回無金利に。特価品も並びます。4月15日(日)まで。
「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-04-03 16:55 | オメガ
こんにちは
銀座エバンスの飯田です。

2018年も3月に入り、暖かい春が目の前です。
そろそろ、外に出てアクティブに過ごすことが出来そうですね。

さて今回のご紹介はオメガのスピードマスター・プロフェッショナルです。
以前も同モデル、リファレンス違いのブラウン文字盤をご紹介させて頂き、その際には月との結びつきなどを簡単にご紹介させていただきました。

今回は当店にUSEDのRef.3573.50が入荷致しましたので、現行モデルのRef.311.30.42.30.01.005と一緒に見比べてみたいと思います。
d0159403_15415194.jpg
USED
Ref.3573.50
販売価格:¥418,000


非常に有名なモデルですので、時計ファンならずとも目にしたことも多いモデルではないでしょうか。
通称「ムーンウォッチ」NASAのアポロ計画で月へと同行する栄誉を与えられた時計です。
現行モデルでは正式に「スピードマスター・ムーンウォッチ」と表記されています。
それでは二点並べてみましょう。
d0159403_14480323.jpg
正直、ぱっと見は似ている.....
と、いうよりもそっくりで分からない方も多いのではないでしょうか。

二つのスペックを見ながら解説していきます。
両リファレンス共に手巻きムーブメントを搭載したモデルです。
手巻きなんて面倒、と思う方も多くいると思いますが、オメガのムーンウォッチには「手巻き巻き上げ機能」が必須なのです。
今でこそ機械式時計は自動巻き式が主流になっている中、同モデルは手巻き式に拘り、ラインナップを続けています。
なぜ自動巻きではないのか、それには二つのポイントがあります。
一つ目はオメガが「月に行ったモデルの意匠を受け継いでいるということ」
実際オメガはこのようにアナウンスをしています。
「スピードマスター・プロフェッショナルはアイデンティティとして継続していく」と。
つまり、オメガの「宇宙へ行った」という歴史的偉業を、後世まで残すという意味もこめられているのではないかと思います。

そして二つ目、当時NASAではジェミニ計画の宇宙飛行士に装備させる時計を探していましたが、NASAの規格では手巻き機能が必須でした。
というのも、無重力下では自動巻きの振り子が不完全な動きをするため手巻きをできる機能が付いていなければならなかった為です。

では、この手巻き式のムーブメントですが、二点を比べると微妙に違いがあるのです。
現行品はCal.1861なのに対し、Ref.3573.50はCal.1863というムーブメントで、キャリバーナンバーだけ見ると僅かな違いです。
その違いを説明するには時計の裏側を見なければなりません。
まず現行モデルのRef.311.30.42.30.01.005の裏側↓
d0159403_18131883.jpg

そして、生産終了品のRef.3573.50の裏側↓
d0159403_14501491.jpg

Ref.3573.50の裏蓋はシースルーバックになっており、ムーブメントが見えますね。
そう、ここがポイントなのです。
Ref.3573.50のCal.1863はシースルーバックから眺めることを考え、「見せるため」にバージョンアップされているムーブメントなのです。
通常モデルにしようされているCal.1861は見えませんが、それよりも美しい仕上がりになっており、所有者の満足度を高めるポイントになっています。
このCal.1863ですが、現行モデルのRef.311.30.42.30.01.006にも搭載されており、こちらもシースルーバックを採用しています。
見せるために、素材や仕上げを変更しているというのですから、オメガの拘りが垣間見えます。

それでは上の二点をまとめてみましょう。

現行のRef.311.30.42.30.01.005は忠実に月へ降り立った際の仕様を再現しており、先ほどから紹介のCal.1861は月面着陸時とほぼ同様の機構を備えたキャリバーなのです。
また風防はプラスチック素材を使用しており、宇宙で破損した場合でも飛び散らないように考えられています。
d0159403_14504796.jpg
また、付属品も豪華になっており、NATOストラップや、ベルクロストラップ、ベルト交換用ツール、ルーペなどが付いており非常に充実しています。

Ref.3573.50は風防はサファイアクリスタルを使用しており、シースルーバックを採用。
着けることはもちろん、見て楽しめる時計です。

どちらにも良さがあります。
月面着陸時のNASA公式装備品を再現しているモデルにするか、機械も見て楽しみたいモデルにするか、実際お手に取って確かめて頂きたいですね。
d0159403_14481267.jpg

皆様はどちらがお好きでしょうか。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り)

「ROLEXアンティーク(1680、6263、1016、1655、1675)」買取を緊急強化中!
「ROLEXアンティーク(1016、1655、手巻きデイトナなど)等のパーツ販売中!」
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2018-03-06 12:26 | オメガ