時計の内部は1mm以下の世界です

こんにちは。いつもエバンスのブログをご覧いただきありがとうございます。アフターサービス部の栗原です。
ロレックスなどの腕時計のオーバーホールの流れですが、まずブレスレットを時計のケースから取り外し、ケースを開けムーブメントを取り外します。その後、ムーブメントを分解し、各部品は洗浄液で超音波洗浄します。その際にはムーブメントの各部品を検査、調整し、交換が必要な部品は交換します。
部品の摩擦や摩耗を抑える時計専用の高品質な油を使用し、ムーブメント各部に注意深く注油します。
時間調整 では1秒間に8回の振動を刻み動き続けるテンプを調整し、専用の測定機器で計測を行います。
ムーブメントを分解していくと多数の部品で構成されている事が分かります。
d0159403_197263.jpg

その中には髪の毛よりも細く、1mmにも満たない大きさのパーツもございます。
d0159403_195376.jpg

d0159403_1952024.jpg

このような非常に小さな部品が組み合わさる事で時を刻みます。これらのパーツ一つ一つを点検、注油、調整していきます。様々な時計専用の工具を必要とし、それらを使い分けながらお客様の大切な時計をメンテナンスしております。
適切なメンテナンスを行い、大切に使用されてきた時計は色あせることなくオーナー様の腕元を引き立てます。是非メンテナンスを行い、末永くご愛用になってください。

エバンスでは自社内にメンテナンスルームを完備し、ロレックスを中心に毎月350本以上もの整備実績があり、ロレックス以外のブランドウォッチ、アンティーク等もオーバーホール可能な場合がございますのでぜひ一度ご相談ください。
ご遠方の方、ご多忙な方の郵送にさらに便利な無料梱包キットのサービスもご好評いただいております。まずはお電話で、オーバーホールのご依頼と梱包キットのご利用をスタッフにお申し付けください。

ご連絡お持ちしております。
d0159403_1354264.jpg