こんにちは、エバンス青山店の福永です。

エバンスツイッターをご覧の皆様は既にご存知かも知れませんが、
早ければ連休明けにも新型サブマリーナデイト・グリーンベゼルRef.116610LVがエバンスに入荷いたします。

国内最速の入荷になると思います!!
セラミックベゼル、グライドロッククラスプ、そして素材に金を用いた合金のグリーンダイヤルと注目要素満載の新型モデル。
ブログでは実物の商品画像をいち早く、皆様にお届けしたいと思っております。
ぜひ、お楽しみにお待ち下さいませ!!

商品のお問い合わせは・・・
エバンス青山店
TEL 03-5774-8911
MAIL shopaoyama@evance.co.jp
福永までお気軽にご連絡下さいませ

# by evanceblog | 2010-07-17 11:42 | ロレックス
こんにちは、青山店の福永です。
本日は入荷したばかりのカルティエ、中古(アンティーク?)のマストタンクをご紹介いたします。

タンク ヴェルメイユ 手巻き
■型番Ref.W152****
■販売価格¥123,000


d0159403_7442027.jpg

もはや普遍的とも言えるシンプルを極めたフォルム、角型時計のお手本とも言える佇まいです。
カルティエウォッチの中ではエントリークラスに位置づけられるモデルですが、相応の品の良さを感じさせてくれます。

d0159403_7474866.jpg

裏蓋には様々な刻印が入りますが、一つ注目すべきは中央の 925 の刻印です。
ケースには現在では殆ど見られなくなった銀素材(純度92.5%:スターリングシルバー)が用いられています。そして仕上げに金を貼り込むヴェルメイユという伝統技法によって作り出されています。
銀の持つ独自の暖かみ、そして可愛らしいホールマークもこのモデルの魅力なのかも知れません。
ちなみに手巻ムーブメントを搭載していますので、使うときにはリューズを巻いて下さい。

d0159403_7482595.jpg

さて、最後に腕に乗せたイメージを一枚。
時計のサイズから本来ならば女性スタッフをモデルにするのですが、男性が着けてみるのもアリかなと思い私の腕で一枚。
どうでしょう?意外としっくり馴染んでませんか?
そんな訳で男性の皆様にもオススメのタンク、ぜひ一度お手に取ってご覧下さいませ。

商品のお問い合わせは・・・
エバンス青山店
TEL 03-5774-8911
MAIL shopaoyama@evance.co.jp
福永までお気軽にご連絡下さいませ。

# by evanceblog | 2010-07-15 07:40 | カルティエ
d0159403_10275443.jpg

d0159403_10272849.jpg


こんにちは。店長の玉置です。
本日は、16610LV ライムグリーンベゼルの紹介です。
あまり知られていない存在のライムグリーンベゼルですが、rolexファンの方ならおそらくご存知でしょう...
グリーンサブマリーナの発売された初期ロットのみに採用されていたベゼルです。グリーンサブマリーナのプレミアムポイントは、BIG SWISS か このライムグリーンベゼルと言われております。
また、こちらの商品は、なんと国内正規品 M品番の時計であり、もちろん新品未使用品です。
2枚目の写真で、左側がノーマルグリーン、右側がライムグリーンです。明らかに色の違いを認識出来ます。
是非、生産終了となり、これから通常のグリーンサブマリーナも価格高騰が予想される中での、少しプレミアムなグリーンサブマリーナはいかがでしょうか?
ご覧になりたいお客様は、青山店までお越しください。

弊社販売価格 630.000円
# by evanceblog | 2010-07-12 12:26 | ロレックス
こんにちは、青山店の福永です。

本日はこだわりを持った女性の皆様へ贈る、至高の一本をご紹介いたします。
20世紀初頭、カルティエは自身の生み出す卓越したフォルムのケースに合わせ、名門ムーブメントメーカーの機械を搭載する完璧な時計製造を行うことで知られていました。
同社の輝かしい時計製造の歴史を未来へと繋ぐべく、1999年から2009年にかけて展開された”コレクション プリヴェ カルティエ パリ”からトーチュです。

カルティエ
コレクション プリヴェ カルティエ パリ
トーチュSM 18KYG
定価¥1,533,000→販売価格¥1,227,000


d0159403_0422688.jpg

トーチュはフランス語で「亀」という意味で、そのスタイルはまさに亀の甲羅がモチーフにされています。左右に柔らかに湾曲した優美なケース、その独自の量感は人知を超えた調和すら感じさせてくれます。
18金をベースにギヨシェ彫りの施されたダイヤルには”CARTIER PARIS”の銘が記され、深い青が特徴のブルースチールを用いたアップルハンド、リューズに配されたサファイアなど、外見的特徴のどれもがカルティエならではの美しさであり、それと同時に最良を求める時計製造の神髄をこの小さな一本に見出すことが出来ます。

d0159403_0433171.jpg

バックケースははシースルー仕様となっており、搭載される手巻ムーブメントcal.437がご覧いただけます。
名門ピアジェがカルティのために設計製造を行ったcal.437の地板には2Cロゴの装飾が施され、またカルティの”C”を模した形状の調速機構を組み込むムーブメントの姿は、時を忘れて魅入ってしまう美しさを秘めています。

d0159403_0434230.jpg

付属品にもこだわりが感じられます。
時計を収める箱の他に、磨き上げられた木箱に木製のルーペが収められています。心行くまで時計の仕上がりを子細にご堪能いただけます。

今回、ご紹介させていただいたトーチュはいかがだったでしょうか?
女性向けの時計では数少ない手巻きムーブメント、そしてクラシカルであるが故に普遍的なデザイン。
生涯お使いいただける一本として、自信を持ってオススメさせていただきます。
良い時計ですよ。


商品のお問い合わせは・・・
エバンス青山店
TEL 03-5774-8911
MAIL shopaoyama@evance.co.jp
福永までお気軽にご連絡下さいませ。

# by evanceblog | 2010-07-09 00:43 | カルティエ
こんにちは、エバンス青山店副店長の曽根です。

いよいよW杯も佳境に入ってまいりました。
決勝トーナメントに入ってからの印象的な試合といえば、ウルグアイ対ガーナ戦。延長後半ロスタイムにゴール線上のボールを手でかき出し、レッドカードを受けたウルグアイ代表のルイス・スアレス選手の“セービング”。
あれは、素晴らしい判断だったと思います。また、直後のPKを外したギャン選手がPK戦の一番手で登場してきた時には、気持ちの強さを感じました。

それはさておき、世界の祭典であるW杯では、腕時計の世界においても注目を集めておりその時々で限定モデルが発表されているのはご存知でしょうか。
私の知る限り2002年日韓大会ではカルティエ パシャ。

2010年南アフリカおよび2014年ブラジルで開催されるワールドカップの“オフィシャル ウォッチメーカー”に就任したウブロは“クラシックフュージョン ワールドカップ2010”を発表しています。
そして、時計ブランドとしてFIFAワールドカップの歴史上初めて“オフィシャルタイムキーパー”として、選手交代ボードにその名を刻みます。ご覧になった方も多いと思います。

限定モデルといえば数量限定で手に入らないことが多いのですが、エバンスには、2006年ドイツW杯限定モデルがございます。
2006FIFAワールドカップ・ドイツ記念モデルで世界限定150本!!
d0159403_0434570.jpg

文字盤中央にサッカーボールの絵柄があり、サッカーファンにはたまらない1点です。
d0159403_0435868.jpg

ドイツ国旗色の交換用ステッチベルト付属がついており、ドイツを応援中の方にはたまらないデザインでしょう。
d0159403_0441089.jpg

また、ベルトの交換もとても簡単に行っていただけます。
d0159403_044245.jpg


最後にPKにまつわる名言から
ロベルト・バッジョはいいました
「決めたPKは誰も覚えてないけど外したPKは忘れてくれないんだ」


商品のお問い合わせは・・・
エバンス青山店
TEL 03-5774-8911
MAIL shopaoyama@evance.co.jp
曽根までお気軽にご連絡下さいませ。

# by evanceblog | 2010-07-04 00:44 | その他