<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はカルティエのパンテールをご紹介いたします。

Ref.WF3141B9
参考価格:¥2,181,600(税込)
USED販売価格:¥1,280,000(税込)

パンテールは1983年にカルティエの象徴であるパンテール(豹)をモチーフに、しなやかさと力強さ、そして類まれな美しさを持って生み出されました。その時計の誕生は大きな衝撃を与えると同時に、造作に長けるカルティエウォッチの中でも絶大な人気を誇り、羨望のモデルとしての地位を築き上げました。
時は経ち、後に発表されたサントスドゥモワゼルにその座を譲る形でパンテールは生産を終えましたが、スクエアを基調にしながらも柔らかな曲面を取り入れたパンテール独自のデザインは他に代わるものが無く、根強い人気故にUSEDでの需要も衰えないモデルとして今に継がれています。
d0159403_23235647.jpg
今回ご紹介のミニサイズはゴールドモデルでのみ展開されたサイズで、その華奢な雰囲気が女性の手元に華やぎを添え、滑らかな着け心地と二重のダイヤモンドセッティングが光を受け輝く様は、最高峰のジュエラーであるカルティエの技術とセンスが遺憾なく発揮された一本と言えます。
また今年(2017年)、復刻モデルが発表され再び注目を集めています。そのスタイルは忠実に再現されているようですが、それもオリジナルがあってこそです。時代の移ろいと共に求められるものは時計に限らず変化しますが、一方で時の流れの中においても確固たる美しさを持って、いつの時代も支持される稀有なものも存在します。パンテールはそのような存在であり、これまでも、そして長い未来に渡ってカルティエを象徴するモデルとし語り継がれる名作と言えるでしょう。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ) OPEN 11:00~20:00


「シークレットセール」銀座エバンス2階 全品30~50%OFF!好評開催中!ショップのみ品も多数!
※ シークレット以外にもユーズドなど 2月もセールは開催中!

「LINE@査定」 撮って、送って、カンタンに仮査定できます。
「メールマガジン」 キャンペーンや入荷情報などをお知らせ、購読無料です。
d0159403_10522483.jpg

こんにちは、銀座エバンスの稲田です。
少しずつですが寒過ぎる日が減ったように思います。
あたたかい春が一日でも早く来て欲しいですね。



さて、本日はロレックスからヨットマスター40 ダークロジウム のご紹介です。

d0159403_16112242.jpg

1992年。ヨットを所有しているセレブ達のための腕時計がロレックスのコレクションに加わります。
その名もヨットマスター。それまで金無垢のみの生産で、1999年に今回ご紹介するステンレスとプラチナのコンビネーションモデルを発表、当時はメンズ・ボーイズ・レディースの3サイズの展開で大変話題となりました。このヨットマスターのための名称「ロレジウム」はそれまでのYGやPGのコンビネーションを指す”ロレゾール”を凌ぎ、抜群の知名度を誇っています。

現在でもプラチナとのコンビはこのヨットマスターしか存在せず、他の素材とはまた違う高級感を持っており、プラチナの無垢は高額で何よりその重量がネックとなる方が多いですが、コンビだと価格も重量も半分以下になりお求めやすいのです。惜しくもプラチナ文字盤のロレジウムとレディースロレジウムは生産終了となってしまいましたが、これからロレックスの伝説として語り継がれていくことでしょう。

現行モデルは、2012年頃発表の青文字盤と、2016年発表の今回ご紹介するダークロジウム文字盤の二種類です。昨年発表のダークロジウムと一緒に登場したRef.116621ブラウンも、新鮮味がとても印象的なモデルです。SS/PGとブラウンの組み合わせはデイトジャストにもありますが、ヨットマスターになると特にベゼル部分の素材の良さが際立ち、今までに見たことのない魅力を感じます。

ちなみにダークロジウムとスカイブルーの組み合わせカラーの初出は、2015年のRef.114300オイスターパーペチュアルからです。このモデルは今回の文字盤とは違い、インデックスの上に小さなスカイブルーの四角を12ポイント配し、グレーという暗く見えがちな文字盤がただその色が入るだけで突然華やぎ、高級感の中に遊び心を感じます。スカイブルーといっても薄いものや濃いものがある中、このダークロジウムに抜群に合う色味を選んだロレックスというブランドが秀逸過ぎて感動すら覚えます。遠目からでもハッキリと見える視認性も併せ持ち、何度見ても飽きないカラーコンビネーションだと私は思います。


d0159403_16112573.jpg

文字盤色の”ロジウム”とは、硬度が高く、耐熱性・耐酸性を持つ装飾品にも採用されている大変高価な素材です。その素材やそれぞれの含有量と作業工程は非公開ですが、ロレックスはムーブメントはもちろんのこと、文字盤や針ですらも設計から製造まですべてにおいて完全自社生産です。
これらの作業のほぼ全工程は専門の職人による手作業によるもので、2015年にはクロノメーターを再定義しました。

クロノメーターとは、COSCと呼ばれるスイスの検定局が認めた時計のみ与えられる称号です。
COSCでは、15日間に渡り5つの姿勢差とそれぞれ異なる温度下において精度と安定性の厳しいテストが行われ、それらのテストに合格した時計だけにクロノメーター認定証が発行されます。
このCOSCより更に厳しい条件下でのテストをロレックス社は行い、より高い精度や耐衝撃性をもつ腕時計を我々に届けているのです。

その昔、各地にあった時計製造メーカーは独自のクロノメーターを自由に発行することができました。
そのため、この証明書を悪用する業者がたくさん現れたそうです。
そんな時代の中、ロレックス社はまずCOSCに自社製の時計を認めてもらい、(1930年代のことです)
そして更なる向上を図るため、1950年代には自社での規定を再設定、その証の「Superlative Chronometer=最上級クロノメーター」の文字を堂々と文字盤に記し今日に至ります。


d0159403_16262117.png

そして2015年には新たにクロノメーターの再定義をし、現在でも時計に対して通常では直面しない過酷なテストを行っています。我々が使用する上であらゆる状況下においても時計が動くことを保証するための様々な厳格なテストです。
現行のオイスターパーペチュアルと名の付くモデルすべてが水や埃、衝撃、圧力に強い設計となっています。防水テストでは、時計の一つ一つが水中に入れられ、実際の10%も上回る水圧にさらされます。
ヨットマスターに限らず100m防水となっている時計はすべて、それ以上の防水を持つことが証明されているのです。

また、動作テストでは人間の腕の形(多関節アームといいます)をしたロボットが、昼夜を問わず絶えず動き続け、我々の日常の動きをシュミレーションしています。このロボットは数年間の動きをたったの一週間で終えるそうで、これらのテストに耐えた時計のみが、晴れてロレックスのクロノメーターの称号を得ることができるのです。
素材のステンレスには904Lスチールが採用され、この素材はロレックスのデザインや用いるゴールドとの相性が抜群で、完璧に調和します。宇宙工学や化学の世界でのみ用いられるこの904Lは、堅牢かつ耐衝撃性を持ち、研磨をすると素晴らしい輝きを放ちます。

実際私はこれまでに4本のロレックスを愛用しましたが、どれも素晴らしい精度と耐久性を備え、他のブランドに戻れないくらい大変満足しています。しかもロレックスのすごい所は、新作や新色が発表される度に更に進化しているという所です。
歴史を大切にしながら、現代に生きる私達のための設計、何年経っても古さを感じさせないデザイン。
特に今回ご紹介するダークロジウムのガンメタリックな色味に、ハッとするような斬新なスカイブルーの色を、今度はインデックスにではなく針と大切なモデル名に採用した粋なデザインには、本当に心を鷲掴みにされました。これだからロレックスはやめられないと心から思います。


d0159403_18042763.jpg

現在でも入手困難が続き、次回入荷がまったく見えないヨットマスター・ダークロジウム。
私の大切な顧客様もご愛用なさっています。
お問い合わせも多い商品ですが、全く入荷ができずずっと待っていました。ようやく入った一本です。
是非、まずはお手に取ってこの色味をじっくりご堪能なさってください。
みなさまのご来店、こころよりお待ち申し上げております。




銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ) OPEN 11:00~20:00


「シークレットセール」銀座エバンス2階 全品30~50%OFF!好評開催中!ショップのみ品も多数!
※ シークレット以外にもユーズドなど 2月もセールは開催中!

「LINE@査定」 撮って、送って、カンタンに仮査定できます。
「メールマガジン」 キャンペーンや入荷情報などをお知らせ、購読無料です。
d0159403_10522483.jpg

こんにちは、銀座エバンスの福田でございます。
先日通勤路の梅の花が咲きました。暖かくなるのはまだまだ先でしょうが、徐々に春が近づいてきているようですね。気を抜いて体調を崩さないように気を付けていきたいところです。今日も朝から寒いですので風邪を引かないように皆様もお気を付けください。

それでは、本日はユーズドのブランパンのニュークラシックパワーリザーブをご紹介致します。

ブランパン ニュークラシック パワーリザーブ
型番:1106-1130-55
参考価格:¥682,500(税込)
USED販売価格:¥328,000(税込)
d0159403_18093855.jpg
【BLANCPAIN ブランパン】
クォーツ時計の台頭に休止を余儀なくされましたが、80年代に復興を遂げたスイスの老舗ブランドです。高級時計の代名詞にもなっていますが、こちらのモデルは落ち着いたデザインのステンレス製ケースとベーシックなクロコダイル革ですので、ビジネスからカジュアルまで幅広く対応出来そうです。

d0159403_11214927.jpg

ブラックダイヤルに並んで配されたスモセコとパワーリザーブインジゲーターが特徴的です。4日巻と若干長めのパワーリザーブを実現する為、ムーブメントにはゼンマイを収納する香箱が2つ搭載されています。一度ゼンマイを巻き上げてしまえば約100時間動き続くということですからかなり実用的ですね。又、手巻き時計に多いゼンマイ巻き上げ時に発生する、巻き止まりが無いスリップ機構を備えている為、巻き過ぎてゼンマイを切ってしまう心配はありません。ちなみに巻き終わりのサインはインジゲーターの100ということになります。初めて手巻き時計をお使いになられる方も安心です。

d0159403_12511675.jpg
文字盤12時側には創業者ジャン・ジャック・ブランパン「JB」のイニシャルが表示されています。お洒落なブレゲ数字とのバランスが良いフェイスと直径36mmのスマートなケースは、オン・オフ問わず活躍してくれることと思います。最近は時計が大きくて選択肢が少ないとお考えの方には大変お勧めです。
また同じ時期に38mmケースの中古のクロノスイスも入荷致しました。是非一度こちらも併せてお手に取ってご覧ください。ご来店を心からお待ちしております。



銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ) OPEN 11:00~20:00


「シークレットセール」銀座エバンス2階 全品30~50%OFF!好評開催中!ショップのみ品も多数!
※ シークレット以外にもユーズドなど 2月もセールは開催中!

「LINE@査定」 撮って、送って、カンタンに仮査定できます。
「メールマガジン」 キャンペーンや入荷情報などをお知らせ、購読無料です。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-02-14 13:18 | その他
ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はロレックスのデイトジャスト Ref.116261ターノグラフをご紹介いたします。

Ref.116261
USED販売価格 ¥878,000
d0159403_23112653.jpg
Ref.116261ターノグラフは素材の異なるRef.116263、Ref.116264の計3モデルで2004年から2013年にかけて生産されたモデルです。生産終了となった2017年現在では後継モデルの発表もされず、一般的なデイトジャストに比べ流通量も少なかった事から目にする機会が少ないモデルの一つとなっています。
ターノグラフ最大の特徴は回転構造を持ったフルーテッドベゼルで、そこには10分間隔で数値が刻まれます。また、秒針とカレンダーそしてモデル名に赤をアクセントカラーとして配する事で、他のデイトジャストとは異なりスポーティな印象が加味されています。

d0159403_23114181.jpg
ダイヤルには"TURN-O-GRAPH(ターノグラフ)"と表記され、数値の刻まれたべゼルの回転構造を表しています。ほどよいスポーティさが人気のターノグラフですが、そのルーツは1950年代のRef.6202ターノグラフにまで遡ります。
Ref.6202はRef.116261とはモデル名こそ同じですがデザインはサブマリーナ等に近く、デイトジャスト系統のそれとは全く異なる存在でした。しかしながらRef.6202が備えていた回転べゼルの構造が、後のロレックスプロフェッショナルモデルの開発に寄与したものは大きく、初代モデルから半世紀の時を経て蘇ったターノグラフにスポーティな意匠を与えた事は、ロレックスの過去と未来の架け橋としての意味合いも強かったのではないでしょうか。

d0159403_23115398.jpg
3月下旬にはロレックス新作発表の場であるバーゼルワールドが開催されますが、ロレックスの企業体質から事前情報が極めて少ない為に多くの予想が立てられ話題に事欠いません。
仮に2017年のバーゼルワールド新作モデルはこちらのモデルです、とRef.116261ターノグラフが紹介されても違和感を感じないほどにデザインの鮮度が保たれています。それはロレックスの持つ普遍的なフォルムと、他モデルでは見られないディテールによるものと考えられます。まぎれもない正統派のモデルでありながら、極めて個性際立つRef.116261ターノグラフ、その魅力に触れてみてください。

d0159403_23121056.jpg


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:
n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ) OPEN 11:00~20:00


「シークレットセール」銀座エバンス2階 全品30~50%OFF!好評開催中!ショップのみ品も多数!
※ シークレット以外にもユーズドなど
2月もセールは開催中!

「LINE@査定」 撮って、送って、カンタンに仮査定できます。
「メールマガジン」 キャンペーンや入荷情報などをお知らせ、購読無料です。
d0159403_10522483.jpg


こんにちは、銀座エバンスの稲田です。
寒い日が続いて春が待ち遠しいです。
みなさまどうぞご自愛くださいね。



さて、本日はパネライから ラジオミールS.L.C 3DAYS PAM00425のご紹介です。
d0159403_15425524.jpg

”ラジオミール”とは、イタリア海軍のためにパネライ社が開発したラジウムベースの蛍光塗料のことです。
1916年、ラジウム(放射性を持つウラン鉱石に微量に含まれる物質で、ラテン語のradius=放射光線から名付けられました)をベースとした塗料は、当時のどの物質よりも高い発光性を持っており、精密機器の文字を発光させて高い視認性を誇るだけでなく、水中での接着性が優れていました。
そのためこの物質はパネライ社にとって欠かせないものとなり、ラジオミールは一番最初に取った特許でした。
1936年、イタリア海軍の潜水特殊工作員のためにラジオミールの試作品を製作します。
大きな47mmのクッション型ケース、ケースに溶接されたワイヤーループラグは今回ご紹介する425番に受け継がれており、バーとドットで表している特徴的な文字盤も忠実に再現されています。
この年に試作されたラジオミールは計10本で、どれもが世界で一本しか存在しないマニア垂涎のアイテムだそうです。

1938年より、ラジオミールの製作がはじまります。視認性を更に高めるため文字盤を二枚用意し、上部は数字とインデックスをくり抜いた文字盤、その下の板にラジウムをベースとした夜光塗料を、二枚を重ね合わせた時に数字(またはバーやドット)とインデックスをくり抜いた所から見えるように塗布。(サンドイッチ構造といいます)
また、ワイヤーループラグに耐久性を持たせ、無駄なものは配さず大きな数字を採用、文字盤は時分針のみとしました。現行の夜光塗料は放射物質を含まないスーパールミノバに変更されておりますが、現在でもクッションケース、円錐形のリューズ、サンドイッチ文字盤という歴史的な特徴を備え、今後も末永く作り続けていくモデルのひとつです。


d0159403_15430230.jpg

キャリバーには2011年に発表した手巻きのパネライ自社製P3000を搭載。
パネライの復刻モデルに採用するため直径は通常より大きいムーブメントとなっており、このことにより長い2つのゼンマイを納めることができ、3日間ものパワーリザーブを可能にしているのです。
また、シースルーバックから見えるムーブメントは、ランゲでお馴染みの伝統的な3/4プレートを彷彿とさせ、ネジも厚く大きいものを採用しており堅牢性かつ安定性を高めています。
非常に大きなテンプが採用されており、修理も容易となるため使い手に優しい仕様となっています。

心臓部であるテンプにはグリュシデュールという合金が採用されており、この素材は固くて弾性に優れ、腐食に強く磁気を帯びにくいという特徴を備えています。
耐震装置はインカブロックを採用しており、その姿は楽器のハープのような形をしています。
この部品の役割はテンプを支える天芯という部分が非常に細く脆いため、それを衝撃から守るための大切な部品です。
大きく開いた裏蓋から見えるシンプルなキャリバーは、伝統を重んじた作りであるだけでなく使う人や修理を行う人のためを思って製作されたパネライの自信作なんですね。

d0159403_15425916.jpg

モデル名にある”S.L.C”とは、イタリア語で「Siluro a Lento Corsa」の略で、速度の遅い魚雷(人間魚雷)を示します。
文字盤6時上辺りにマークがあるのですが、よく見ると魚雷に人が二人乗っているのです。
その“人”とは、イタリア海軍の兵士のことで、腕にはパネライの時計やコンパスを装備。
人間魚雷といっても日本の回天とは違い、海の中から敵の艦隊に近付き、目標の船底に時限爆弾を仕掛けた後、脱出が可能だったそうです。
ラジオミールS.L.Cは、勇敢だった彼らにオマージュを捧げたモデルなのですね。

そしてアッチャイオとは、イタリア語で”鋼”すなわちステンレススティールのことです。
パネライのステンレスは316Lという素材を採用しています。
ステンレスには様々な種類があり、イタリア海軍へ向けて開発されたものはオーステナイトという素材でした。これはどのような環境にも耐える当時一番の素材で、現在ではアメリカ規格の”AISI 316L”に変更。
この素材は低アレルギー性という優れた特性と高い耐腐食性を持つ、パネライの時計に相応しい素晴らしいステンレスなのです。

d0159403_15425184.jpg

ラジオミールS.L.C。パネライらしいシンプルな文字盤を更にシンプルに、時代を感じる丸いサファイアクリスタルのガラス、丸いワイヤーループとのすべてのバランスが抜群です。
インデックスの色は、復刻モデルと一目でわかるクラシカルなオレンジ色でアンティーク調のカーフ素材との相性が素晴らしいですし、ケースが大きい理由も先に述べたことで分かりましたね。
すべての作りに意味を持つ私の一番好きなこのモデル、是非一度みなさまにご覧いただきたいです。
ステンレスなのに重厚感があり、腕に乗せた時に心地よい重みを感じていただけるはずです。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。






銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ) OPEN 11:00~20:00


「シークレットセール」銀座エバンス2階 全品30~50%OFF!好評開催中!ショップのみ品も多数!
※ シークレット以外にもユーズドなど 2月もセールは開催中!

「LINE@査定」 撮って、送って、カンタンに仮査定できます。
「メールマガジン」 キャンペーンや入荷情報などをお知らせ、購読無料です。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-02-01 10:50 | パネライ