カテゴリ:ブレゲ( 15 )

ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はブレゲのクラシックをご紹介いたします。時分針を中心からずらすことで生まれた余白に、ディスクカレンダーと大きなムーンフェイズを象徴的にレイアウトしたエキセントリックダイヤルが印象に残るモデルです。
d0159403_00093058.jpg

クラシック
Ref.3330BA
参考価格 ¥3,675,000(税込)
USED販売価格 ¥1,738,000(税込)

こちらのモデルのモチーフとなった時計は、およそ2世紀前に作り上げられた複雑機構を備えた懐中時計No.3833と言われており、一見シンプルに見える左右対称のレイアウトは、その絶妙なバランス故に独自の世界観を生み出しています。
d0159403_00095188.jpg
細部にはブレゲならではの要素が散りばめられています。ダイヤルには緻密なギョウシェが施され、美しさと視認性の高さが両立されています。針もまたブレゲが考案したとされる形状を持っており、後世に受け継がれる普遍性を備えています。
d0159403_00100753.jpg
ケースサイドのコインエッジ、ほっそりとしたフォルムの中にも豊かな丸みを帯びたラグの形状も、ブレゲウォッチを特徴付ける要素として認識され、手にする喜びを感じて頂けるのではないでしょうか。
d0159403_00101919.jpg
ブレゲによる様々な時計機構、そして造形的な発明は現在においても脈々と受け継がれ、多くのブランドに影響を与えていることに疑いの余地がありません。もはや、時計史において伝説と化しているブレゲですが、何者にも染まらないスタイルは製品を手にして初めて理解できる部分も多いはずです。同価格帯にはパテックフィリップ、オーデマピゲをはじめ実に多くの選択肢がありますが、それらとは一線を画す唯一無二の魅力を持ったブレゲをお確かめください。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ) OPEN 11:00~20:00


「シークレットセール」開催中!2階全品30~50%OFF!ショップのみの商品も多数!
「技術者による無料診断」好評です!ご希望の方はショップスタッフにお声かけください。

「LINE@査定」 撮って、送って、カンタンに仮査定できます。
「メールマガジン」 キャンペーンや入荷情報などをお知らせ、購読無料です。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2016-12-20 12:53 | ブレゲ
銀座エバンスの福田です。
本日は雨ですが、朝など大分過ごしやすくなってまいりましたね。徐々に残暑も落ち着いていくのでしょうか。

さて本日ご案内する時計はユーズドのブレゲ・アエロナバルです。

タイプXX アエロナバル
型番(Ref.):3800ST
参考価格:¥1,274,400(税込)
USED販売価格:¥598,000(税込)

d0159403_16454262.jpg


【TYPE XX AERONAVAL】
1950年代、フランス海軍航空部隊用に開発されます。現在の時計は1995年に発表された市販型で、ブレゲの大ヒット作。特徴的なフェイスやケースサイドのコインエッジなど独創的なデザインは多くの時計愛好家達をとりこにしてきました。搭載するムーブメントとアエロナバルの特徴の関係で3時位置にある30分積算メーターは2分でひと目盛りとユニークなものになっていますが、飛行中に連続した時間計測が可能なフライバック機構も備えており、オリジナルの雰囲気が受け継がれています。

 ※フライバック機構
4時位置のプッシュボタンを押すことによって、計測中の針がスタート位置に戻り、自動的に再スタートします。通常のクロノグラフでは動いているクロノグラフ針をストップ→リセット→再スタートという動きが必要となりますが、フライバック機構によって大幅な時間短縮が可能です。
d0159403_13171615.jpg
ブレゲらしいコインエッジ。ケースサイドの装飾がエレガンスな時計を演出します。
d0159403_12535617.jpg
サイズは39mmと決して大き過ぎず、ですが物足りないという事もありません。メンズスポーツモデルとして20年以上のロングセラーですね。いつの時代も様々な年代の方々に愛されています。

箱や当時の保証書付きで程度が良いだけではなく、交換用ベルトも付いていますのでプライベートからビジネスまで活躍の場は幅広いことは確実です。是非お気に入りの一本に加えてみてはいかがでしょうか。




銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)
<平日 午前11時~午後10時まで営業!>(土・日・祝日は午前11時~午後8時)


「オーバーホール5,000円引きキャンペーン」他店での購入品、ロレックス以外も対象(9/1~30)
「技術者による無料診断」8月からは常時開催!(各日11~20時)店舗にて。
「LINE@査定」スマホから撮って、送って、カンタン査定。
「メールマガジン」無料登録受付中!入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2016-09-13 13:17 | ブレゲ
こんにちは、銀座エバンスの稲田です。
一月もあっと言う間に過ぎてしまいましたね。
みなさまお変わりないですか。
まだまだ寒い日が続きますので、風邪などにお気をつけて過ごされてくださいね。



本日はブレゲの最高峰クラシックライン グランド・コンプリケーション ブレゲトゥールビヨン
をご紹介致します。
d0159403_17182559.jpg

ブレゲのトゥールビヨンといえば、シンプルな2針の丸いローマ数字文字盤で大きなブリッジの、
有名なクラシックトゥールビヨンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
それは1988年発表の手巻きのクラシックトゥールビヨンで、実は今現在ブレゲのトゥールビヨンは
懐中時計も含め、12種類もあるんですよ。

今回ご紹介する自動巻きトゥールビヨンは2004年発表で、この年ブレゲはチタン製テンプの特許を取得、二年後の2006年にはシリコン製のひげぜんまいと脱進機機構を導入しています。
以前私がブログでご紹介した“グランフーエナメル”(「ブレゲの伝統と歴史の象徴 “ブレゲクラシック5178”」)の回でも触れましたが、時計の心臓部分であるひげぜんまいにシリコンを採用することで、磁気の影響を全く受けず、重力による変形がありません。
シリコンは腐食にも強く衝撃にも強い、万能の素材なのです。

1801年、フランス独自の暦の読み方“第9年メシドール7日”(共和歴といい、共和国誕生を記念して1792年から1806年まで使われていました)アブラアン-ルイ・ブレゲは“トゥールビヨン”の10年間の特許を世界で初めて取得します。
彼は人間のあらゆる活動に伴う重力こそ時計の敵であると考え、腕に装着をして姿勢が変わるごとに重力によって内部に変化が生じることに気付き、観察をしていたそうです。
そこで、一分間に一回転する稼働キャリッジの内部にテンプ、ぜんまい、ガンギ(最も重力の影響を受けやすい部品)を格納してテンプを回転させるという画期的な方法を思いつきました。

最初のトゥールビヨン(初めて商品化された)は、ブレゲの息子によって完成された1805年です。
この発明は翌年のパリ国内博覧会で一般に広く披露されました。
水平でも傾いた姿勢でも、同じ精度を維持する時計のメカニズムとして紹介されたトゥールビヨンは、その他の時計師達や愛好家達にとって衝撃的かつ感動的な出来事で、現在も変わることなく人々を魅了し続けています。
製造が極めて困難な上、つくれる時計師がたったひとりだった故、発表年からアブラアン-ルイ・ブレゲが死去した1823年までに販売されたトゥールビヨンの数は僅か35個だったそうです。

今なお続く彼の後継者達は、この比稀ない卓越した技術を永続させつつ、新たな技術を生みだす為に日々研究しています。その成果は2013年、ついにブレゲ史上最薄7mmというトゥールビヨンを開発したことで明確になりました。
この薄さの秘密は、通常ムーブメントの上に来る扇形のローターを、ムーブメントの外周に双方向回転のU字型プラチナローターを配したことです。
従来のクラシックトゥールビヨンのパワーリザーブが50時間だったのに対し、最新型は80時間も備えています。

d0159403_17184317.jpg

そして今回私がご紹介するトゥールビヨンは、なんと5日間ものパワーリザーブを備えているのです。
最新型のローターは細長いため、ギョーシェも少ないのですが、こちらは従来のサイズのローターです。
この裏蓋から覗くギョーシェの見事なことといったら・・・!
ローターにはブレゲの頭文字である美しく誇らしげな“B”、その縁を飾る月桂樹の葉。
月桂樹はギリシャ神話の太陽神アポロンの木とされ、その枝で編んだ冠を英雄に授けることから、栄誉という意味を持っています。
ブレゲの最高峰であるトゥールビヨンを飾るに相応しい模様ですよね。
これらのギョーシェは、熟練した時計師の手彫りによるものです。
一ミリの失敗も許されない、機械と手を使った緻密な究極彫金技術、まさに芸術作品そのものです。
機械を使った彫金は、100年以上も前に設計・製造されたギョーシェ彫り機を用い、金属板の上に
10分の1mm単位でこちらも人の手で繊細な模様を作っていくのです。

ギョーシェはその場所により、さまざまな違う模様のものが組み合わされて完成されます。
鋲打ち(スタッド)と呼ばれる“クル・ド・パリ”、石畳のような“パヴェ・ド・パリ”、太陽の光のような“ソレイユ”、麦の穂をモチーフとした“バーリーコーン”(グレンドルジュともいうそうです)、
波模様の“ヴァーグ”、籠のような模様の“ヴュー・パニエ”、市松模様の“ダミエ”、炎をモチーフとした“フラメ”など、たくさんの種類があります。

今回ご紹介するトゥールビヨンは文字盤だけではなく、裏蓋ガラス周りに波模様の“ヴァーグ”を施し、地板にはペルラージュと呼ばれる円を組み合わせた美しい模様、そしてその他はほんの一握りの熟練の彫金師にしか成し得ない、惚れ惚れするような見事な手彫り彫刻が細かく施されています。
見えない機械部分にまで仕上げを施すこだわり、アブラアン-ルイ・ブレゲはもう二世紀以上も前から
考え、実行していたのです。
単に美しさだけを求めたのではなく、彼が用いた模様にはすべて目的があり、目を楽しませることと、酸化と腐食をできる限り阻止することだったそうです。

現在では様々なブランドがブレゲの技法をお手本にして自身のオリジナルを加えて採用しています。
「ブレゲが時計の歴史を200年早めた」 
ブレゲの時計や歴史の勉強をしていて、この言葉にただただ納得するばかりの私です。
さすが世界五大時計ブランド、ブレゲ。
このレアピース、是非みなさまに一度実際にお手にとっていただきたいです。

d0159403_17185839.jpg

こちらは大切な顧客様からのご委託の時計です。
ご興味のある方は、私稲田まで一度ご連絡下さいませ。
現在、日本ではここエバンスにしかお目にかかることができない、大変稀少な一本です。
二階真ん中の独立什器に展示しており、一際輝いております。
銀座にお越しの際は是非、ご覧になってみてください。
その美しさに感動していただけるはずです。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。







銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)


「0%無金利キャンペーン」2月のエバンスは分割払いがお得です。2月29日まで!
「メールマガジン」無料登録受付中!入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2016-02-02 14:49 | ブレゲ
こんにちは。エバンスの藤本です。

今年も後10日をきりました。年々1年があっという間だと思うのが早まっているように感じています。皆さんはどんな1年でしたか。

本日はブレゲ・マリーンをご紹介致します。
d0159403_1224171.jpg

マリーン クロノグラフ
型番(Ref.)5827BA/12/5ZU
定価:¥3,607,200(税込)
販売価格:¥3,030,000(税込)


d0159403_1373522.jpg


マリーン GMT
型番(Ref.)5857BR/Z2/5ZU
定価:¥4,190,400(税込)
販売価格:¥3,520,000(税込) 


d0159403_1391024.jpg

マリーン・コレクションは、ブレゲの偉大な創始者アブラアンールイ・ブレゲが製作したフランス海軍のマリン・クロノメーター(航海用精密時計)からヒントを得て誕生しました。
ブレゲの伝統的な特質を継承しながら、よりスポーティな腕時計を生み出すために現代的な装いを曄っています。

ブレゲは1786年頃、手動旋盤による繊細な彫り模様を刻むことを初めて文字盤に採用しました。このフランス語のギヨシェとは「組み紐飾り」を意味し、紙幣や株券などに印刷される精密な幾何学模様もこのように呼びます。
さらに、複数の模様をひとつの文字盤上で組み合わせることで、より繊細で高貴な印象を獲得し、これがブレゲ・スタイルのひとつの典型となりました。

また、ギヨシェ装飾は単なる飾りにとどまらず、光の反射を抑えて視認性を高め、文字盤上のサークル(インダイアル)を際だたせ、読み取りやすさを向上させるといった効果も担っています。
d0159403_1315356.jpg

時計の針は、穴が開き、先端が月を思わせる斬新なデザインの針を特徴としています。創設者によって考案されたこの針は、2世紀以上にわたる伝統を誇ります。このスリムですっきりとした針のデザインは1783年頃に誕生し、たちまち成功をおさめました。そしてこの「ブレゲ針」という言葉が時計界に広く流布するまでになりました。上品で読み取りやすいこの針は、ブレゲの時計のほとんどに採用されており、現在もなお多くのブランドが採用しています。

ブレゲ・ウォッチのケースバンドに施されたフルート模様「コインエッジ」(細かい溝を連続して施す装飾)も、控えめながら洗練された「ブレゲ・スタイル」の特徴をなす装飾モチーフのひとつです。様々な時代のブレゲ・ウォッチに共通するこの模様は、現代の腕時計のケースバンドにも刻まれており、他の時計と区別するための特徴のひとつとなっています。このフルート模様は、ゴールド素材に「冷鍛」という冶金作業を施し、しっかり固定した工作機器で手作業により刻みこまれます。

ブレゲ愛好家たちは、ブレゲを手に入れることが、特別の品を所有することに等しいことを熟知しています。ブレゲ・ウォッチは、時計を製造した多くの人々の才能と細心の注意の証として、製品のひとつひとつに個別の番号が付けられ、その数字はブレゲによって厳格に管理されています。これはブレゲのメゾン創設の初期からの伝統であり、ひとつのブレゲ・ウォッチを数世紀にまたがって追跡するための手がかりにもなります。

世界中で圧倒的な人気を誇る老舗のブランド、ダイバーズウォッチとして作られた時計であるにもかかわらず、エレガントであるということ、必要な防水性等を備えていること、42mmのケースにはそれ以上の存在感と高級感が溢れています。
是非店頭にてお試しください。

銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)


※12月は期間限定「無金利キャンペーン」銀座エバンス、オンラインショップ共に対象です!
「メールマガジン」無料登録受付中!入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2015-12-23 18:52 | ブレゲ
こんにちは、銀座エバンスの稲田です。
本格的に秋めいて参りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
雨が降った日は気温も下がりますので、みなさまあたたかくしてお出掛け下さいね。



本日はブレゲの伝統的な美しい時計クラシック5178をご紹介いたします。

d0159403_1554261.jpg

“クラシックコレクション”。
現在ではメディアでの露出度が高いマリーンシリーズが特に注目をされ、売れ筋のモデルと
なっていますが、このクラシックコレクションこそ、ブレゲの伝統と歴史を象徴する、
ブレゲの顔といえるコレクションです。

創始者であるアブラアン-ルイ・ブレゲが1783年にデザインした“ブレゲ数字”及び
先端に穴のあいた“ブレゲ針”、1786年に文字盤や地板に規則的なパターンを彫る“ギョーシェ”と
呼ばれる装飾、1795年より偽造防止のため文字盤上に密かに彫られるようになったブレゲの
“シークレットサイン”、
200年以上前の技法がすべて詰まったモデル、それがクラシックコレクションなのです。

また、革ベルトのみのつくりであること、フラットで薄型であること、無駄のない洗練された
つくりであること。
一目でブレゲのクラシックコレクションだとわかる、ケースに施されたフルート模様
“コインエッジ”も特徴のひとつです。
この細かい溝を連続して施す装飾は、素材に冷鍛(れいたん)という冶金(やきん)作業を施し、
固定した機械で手作業により刻み込まれます。
細長く丸いラグも独特で、バネ棒ではなくネジを採用しています。
これはより美しい外観と安全性を同時に兼ね備え、このラグを製作する繊細な作業にも
高度な熟練の技術が必要だそうです。

d0159403_15553424.jpg

文字盤は“グラン・フー”というエナメル技法のひとつを採用しています。
エナメルには二つの異なった意味があり、ひとつは陶磁器にかける「釉薬(ゆうやく)」の意味があり、
陶磁器の表面を覆っているガラス質の部分を指し、ふたつめは金属表面に釉薬を塗って焼成したものを
指します。
エナメル技法には数種類あり、鉄やアルミニウムの表面保護や防錆(ぼうせい)のために施されるものを
“琺瑯(ほうろう)”と呼び、金、銀、銅、真鍮などに施されるものを“七宝”と呼びます。
時計の文字盤で「エナメル文字盤」といった場合には、“七宝文字盤”のことを指します。
ギョーシェの上から釉薬を塗り焼成させた“シャンルベ”、金線で仕切られた部分に釉薬を流して焼成させる
“クロワゾネ”も七宝から派生した装飾技法です。
“ポーセリン” こちらも代表的な技法で、焼成されることで文字盤表面がガラス質になることから、
エナメルと混同されやすいのですが、七宝とは根本的に素材が異なる素材を使用しているためまったくの
別物なので注意が必要です。

エナメルは約4000年前、東洋の職人により生み出されたそうです。
時計製造の始まった17世紀、ジュネーブではグラン・フーによる装飾が盛んになりました。
1940~60年代になると腕時計専用に焼かれたエナメルやポーセリンの文字盤は極めて少なくなります。
1990年代初めには復活しましたが、高度な技術を要するため未だ製作される本数は通常モデルより
極端に少ないのです。

フランス革命以前から製作されている文字盤デザインはブレゲ数字が初めて登場した当時より変わらず、
そのままです。
数字のまわりに星を象った分目盛と、5分毎の目盛には百合の花をモチーフとした模様が入っています。
現行のクラシックモデルはローマ数字を採用しているものが多いのですが、特にエナメル文字盤にこの
ブレゲ数字が描かれているそうです。
ブレゲ数字はシンプルでやわらかく、時刻の読み取りやすさという実用性を兼ね備える、視認性とエレガンスの融合のデザインだと思います。

d0159403_1851685.jpg

この“クラシック5178”は数年前に発表されたモデルですが、ブレゲの200年以上前から受け継がれている伝統を見事に表現した素晴らしい時計です。

現行のこのモデルは、2006年から採用されはじめた“シリコン”をアンクルとひげぜんまいとガンギ車に採用しています。地球における存在比が酸素に次いで二番目に多いとわれるシリコンという素材は、磁気の影響を受けず、性質が非常に安定しているので腐食や磨耗に強いのです。
更にステンレスより軽くて硬く、成形も自由にできるため、シリコンはこれからいろいろな部品に使われて更に実用性のあるモデルが登場するかもしれません。とても楽しみですね。

サイズは38mm、男性にも女性にも着けて頂ける大きさです。
まずは一度お手にとってご覧になって、ブレゲの“シークレットサイン”をみつけて下さい。
絶妙な腕の角度によってしか見えないため、着けた方にしかみることのできない、まさにシークレットサイン。
美しいエナメルの上に描かれたブレゲ文字は大変素晴らしく、ひとつの芸術作品のようです。
一度じっくりご覧になれば、ブレゲの歴史を、世界を、必ず感じていただけるはずです。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)


「買取金額アップキャンペーン」今月も好評開催中!
「メールマガジン」無料登録受付中!入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2015-09-15 19:47 | ブレゲ
こんにちは。エバンスの藤本です。
日増しに夏が近づくのを感じられるようになりました。昼間はもう夏の太陽で、銀座でも半袖人口がとても多いように思います。先の夏休みまでもうひと頑張りですね。

本日はブレゲ クイーンオブネイプルズ をご紹介します。

Ref. 8928BA/51/844DD0D
定価:¥3,974,400(税込)
販売価格:¥3,440,000(税込)
d0159403_23385143.jpg

“クイーン・オブ・ネイプルズ”コレクションは、1812年ナポレオンの妹でナポリ王妃であるカロリーヌ・ミュラのためにブレゲが創作した初期のブレスレット・ウォッチからインスピレーションを得て登場しました。
甘美な曲線に包まれたオーバル型のケースや4時位置のリューズ、このモデル専用にデザインされたストラップのボールラグなど、ブレゲ独特の個性が随所に発揮されています。

ブレゲの時計の特徴の一つ、“ブレゲ針”は先端近くに穴が開いた斬新なデザインに、鉄を焼入れ、焼き戻し強度を持たせた、文字盤に映える鮮やかな青に仕上がっています。創設者アブラアン・ルイ・ブレゲにより考案されたこの針は2世紀以上にわたる伝統を誇り、現在の時計界にも大きな手本となっています。
d0159403_19122635.jpg

ケースサイドに施されたフルート模様“コインエッジ”は手作業により装飾されています。控えめながら洗練されたブレゲ独自のアイコンとなっています。

ダイヤルのマザーオブパールは周囲の光により輝きが変化し、明るく高級感のあるイエローゴールドケース施されたベゼル部分のダイヤモンドが永遠に輝く時間を演出します。
d0159403_1913573.jpg

裏側はシースルーバックで、美しいムーブメントを見る事が出来ます。どの角度から見ても独特の魅力に溢れています。
d0159403_23394174.jpg

王妃に捧げた時計・・・それは優雅で気品高い女性を演出するリストウォッチです。


東京都中央区銀座7-8-4
営業時間 11:00~20:00
TEL 03-6274-6740
MAIL:n-concierge@evance.co.jp

d0159403_1354264.jpg


by evanceblog | 2015-05-15 23:42 | ブレゲ
こんにちは。銀座エバンスの井形です。皆様、3連休はいかがお過ごしでしたか。
本日もきもちの良い秋晴れですね。

マリー・アントワネットに愛され、フランスを始めとしヨーロッパのあらゆる宮廷で賞賛を浴びたブレゲの時計。
世界屈指の美術館でも展示されるなど、その芸術性・美術的価値の高さは右に出るものはありません。

クラシックモデル、リュクスなレディースモデルが代表的ですが、ミリタリーもまた素晴らしいモデルがつくられました。
アエロナバルのイエローゴールド金無垢、ブルー文字盤の大変美しいユーズドが入荷いたしました。ご紹介します。
必見!早く売れてしまうと思いますので、ご来店はお早めに!
d0159403_1112829.jpg


ブレゲ特有の美しいコインエッジ。
d0159403_1123420.jpg


絶妙な光沢の美しいブルー文字盤。
d0159403_1124670.jpg


フランス海軍航空部隊のために1950年代に設計された「タイプXX」が、自動巻きムーブメントを搭載する民間用の現代ウォッチとして甦りました。他を寄せ付けないスポーツ感覚と強烈な個性は、独創性と高い技術を備える腕時計を求める愛好者たちをとりこにしました。甦ったこのクロノグラフには、飛行中の連続した時計計測のために必要とされたフライバック機能もそのまま受け継がれています。


◆◆ブレゲというマニュファクチュール

ブレゲというブランドはたゆみなく革新を続け、時計業界で時代を先んじてきました。
現在のブレゲの時計は、最先端を行く機械式時計の中心地ジュウ渓谷で作られています。ブレゲ・マニュファクチュールには、時計づくりの根幹を成すあらゆる分野を扱うことのできる並外れた設備と人材が結集しています。その高度な専門知識優れた技術は、ムーブメントの設計はもとより、部品の製造や時計の組み立てなどあらゆる領域に及び、ブレゲの時計に独創性と最高の品質をもたらしています。

ブレゲ・マニュファクチュールで働く現代の後継者たちは、アブラアン-ルイ・ブレゲが想像もできないような設備を利用し、最先端技術と大切に守りぬかれた伝統技術とを巧みに融合させています。
つねに現代化が進むその設備にも、ブレゲ時計を作る職人たちの意気込みや誇りが表われています。

アブラアン-ルイ・ブレゲが時計芸術に傾けたのと同じ情熱を分かち合う彼らは、まさにブレゲならではの精密な時計づくりに日々励み、高級時計の分野でこのブランドに比肩するものがないほどの卓越した品質と仕上げをもたらしています。

ブレゲの時計職人たちは、まるでオーケストラのメンバーのように、古い時代の楽器や現代の楽器を用いて数世紀も前にアブラアン-ルイ・ブレゲが作曲したメロディーを奏でつづけてゆくことでしょう。

高級時計の素晴らしい楽曲、美しいメロディーを。「ブレゲ」とはそういうブランドです。

商品のお問合せは銀座エバンス・井形まで、ご遠慮なく何なりと思うしつけ下さい。
再三になりますが、なかなかいいモデルです。お早めに!
お客様のご来店を心よりお待ちいたしております。


d0159403_1354264.jpg


by evanceblog | 2014-11-04 13:16 | ブレゲ
ブログをご覧の皆様こんにちは、銀座エバンスの福永でございます。
本日はブレゲ クラシックモデル グランドコンプリケーション パーペチュアルカレンダーをご紹介いたします。

クラシックモデル グランドコンプリケーション パーペチュアルカレンダー
Ref.5327BR/1E/9V6
定価 ¥7,527,600
販売価格 ¥6,407,000
現金特別価格 ¥5,480,000


”ブレゲ”その響きの中には、時計の歴史そのものが内包されているかのようです。
現代に時計の歴史を体現する老舗として知られるブレゲ、創業から今に至るまで技術開発の功績、そして生み出された美しい時計の数々は愛好家を魅了してやみません。
伝統的なギョウシェが施されたダイヤルに、絶妙なバランスでレイアウトされた永久カレンダー、そして華やぎと、組み込まれた機能を示す幾多のブルースチール針がブレゲならではの表情を生み出しています。
世に高級時計は数あれど、時をこれほどまでに詩的に表現出来るブランドは他にはないのでは無いでしょうか。
d0159403_031464.jpg

グラスバックからは美麗なムーブメントをご覧頂けます。
機械の緻密な設計による機構的な美しさはもとより、地板そしてローターに施された彫金は、圧倒的な存在感を放ち、ただただ美しいの一言に尽きます。
d0159403_031174.jpg

立体感に富むリューズ、ケースサイドに施された伝統的なコインエッジは時計の印象を引き締め、それは見事な額装の様でもあります。
時を刻む芸術、ブレゲ クラシックモデル グランドコンプリケーション パーペチュアルカレンダー、ぜひその魅力に引き込まれてください。
d0159403_0313022.jpg

背景の商品
スカトラ デル テンポ:ワインディングマシーン(3本用)
Ref.3RTM
参考価格 ¥600,000
USED販売価格 ¥268,000


東京都中央区銀座7-8-4
営業時間 11:00~20:00
TEL 03-6274-6740
MAIL n-concierge@evance.co.jp

エバンス ホームページ


by evanceblog | 2014-05-27 09:45 | ブレゲ
皆様こんにちは。EVANCE銀座店の井形です。
日に日に寒くなりますね。
銀座の街は、12月特有の神聖なムードが深まってまいりました。
本日はブレゲのクラシックをご紹介します。
美しくノーブルなブレゲのクラシック・・聖夜のイメージにふさわしい時計では?と。
d0159403_23373929.jpg

左:クラシックモデル アールデコ
Ref.5967BB/11/9W6
定価 ¥1,942,500
販売価格 ¥1,460,000

★明確で美しいデザイン、見やすくムダが無い、すなわち時計の理想の典型です。
エクストラスリム、18KWG、手巻き、サファイア・ケースバック、ケース径41mm

右:クラシックモデル パワーリザーブ ムーンフェイズ
Ref.7137BB/11/9V6
定価 ¥3,885,000
販売価格 ¥3,100,000

★アーティスティックな雰囲気を醸し出しつつ、クラシカルで高貴なムーンフェイズ。とても魅力的です。
18KWG、自動巻き、日付カレンダー、パワーリザーブ・インジケーター、ムーンフェイズ、サファイア・ケースバック、ケース径39mm
d0159403_23445146.jpg

伝統的なスタイルの中にも、常に先進の技術を開発するブレゲの真摯な時計作りの結晶は、身につける方の拘り、そして品格までも静かに物語ってくれるようでもあります。
d0159403_2345780.jpg


商品のお問い合わせは・・・
エバンス銀座店
TEL 03-6228-6400
MAIL n-concierge@evance.co.jp
井形までお気軽にお問い合わせください。


エバンス ホームページ


by evanceblog | 2012-12-12 00:06 | ブレゲ
こんにちは、青山店の福永です。
本日はブレゲのクイーン・オブ・ネイプルズをご紹介いたします。

こちらはナポレオンの妹でナポリ王妃となったカロリーヌのためにブレゲが創作した、初の腕時計から考案されました。
精緻な時計としての機能、そして何ものにも似ていない洗練された唯一無二のスタイル、時計の歴史を刻んできたブレゲだからこそ作り上げる事の出来た、女性のための正に完璧なジュエリーウォッチがクイーン・オブ・ネイプルズと言えます。

Ref.8928BB/51/844 DD0D
定価 ¥3,727,500
販売価格 ¥2,990,000

d0159403_0451917.jpg

べゼルとラグに配された139個(約1.32カラット)のダイヤモンド、そしてブリオレットカットダイヤモンドが輝くリューズ。
ダイヤモンド全体を多面的にカットし雫型に仕上げるブリオレットカット、アンティークジュエリーにも見られる伝統技法を巧みに取り入れる、ブレゲの美意識の高さが感じ取れます。
d0159403_043333.jpg

搭載されるCal.586は小型の自動巻ムーブメントであり、ジュエリーウォッチでありながらも伝統的な機械にこだわる、ブレゲの一貫したスタイルがここにあります。
d0159403_0434242.jpg

自動巻のローターを模したバックルには緻密な装飾が施された、さらに輪郭を彩るようダイヤモンドがセッティングされます。
ブレゲと言う別格の存在が作り上げた洗練の極みクイーン・オブ・ネイプルズ、ぜひ店頭でその輝きをご確認ください。
d0159403_0435136.jpg


商品のお問い合わせは・・・
エバンス青山店
TEL 03-5774-8911
MAIL shopaoyama@evance.co.jp
福永までお気軽にご連絡下さいませ。


エバンス ホームページ


by evanceblog | 2012-08-24 10:17 | ブレゲ