カテゴリ:IWC( 22 )

こんにちは銀座エバンスの福田でございます。
日中はまだまだ暑いのですが明け方は大分涼しくなってまいりました。
風邪など引かないようにお気を付け下さい。



さて本日ご案内する時計はユーズドのIWCです。
マーク XⅧ
型番:IW327011
USED販売価格:¥438,000(税込)

d0159403_00250176.jpg

スイスの老舗ブランドIWCのパイロットウォッチ、マークシリーズの現行モデルになります。2016年にマイナーチェンジしたばかりですね。パイロットウォッチの本質へというコンセプトのもとデザインされました。前作マークXⅦのカレンダー窓は前後3日間表示でしたが、シンプルなタイプへ戻りましたね。
華美な装飾を取り除き、高い視認性を確保。また耐磁性を持つ軟鉄製インナーケースを使用した変わらずの堅牢性が大きな魅力です。飾り気がなく中身が充実していることから、まさに質実剛健という感じですね。シンプルな時計をお探しの方々にお勧めです。
d0159403_14475776.jpg

裏蓋にはドイツの航空機製造会社ユンカース社が1930年代に開発した航空機(Ju 52)の刻印が見えます。同機のコックピット内からインスピレーションを得たそうですね。




パイロットクロノ
型番:IW371704
USED販売価格:¥438,000(税込)
d0159403_17413587.jpg
2006年から5~6年程市場に出回っていたパイロットシリーズのクロノグラフです。2012年にマイナーチェンジされた際には文字盤のカレンダーが前後合わせて3日間表示されるタイプに切り替わっていましたが、現行モデルはマークシリーズ同様に再びシンプルなカレンダーに戻っています。
d0159403_00233515.jpg
こちらのモデルは調整用のピンが2本付いていますので、ご自身で腕周りに合わせてサイズの調整が可能です。ちなみに、着け心地が非常に良いので是非一度試していただきたいですね。

現在、銀座エバンスではユーズドウォッチフェアを開催中です。思いがけず色々な時計との出会いがあるかも知れませんので、お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 年中無休 11:00~20:00

9/16(土)~10/15(日)は3つのオトク満載フェア月間!
1、「ユーズドウォッチフェア」アンティーク10%引、店頭だけの36回無金利など特典も充実。
2、「今なら、無金利0%」分割払いがお得です。新品も対象。
3、「買い替え(下取)最大85%」お買い上げのROLEXユースドがのちのちお得に。
<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-10-03 19:16 | IWC
皆様こんにちは
銀座エバンスの飯田です。
今年の8月は雨の日が多く気温もそれほど高くない日が続きましたが、夏を満喫することはできたでしょうか。
9月に入り涼しくなってまいりましたので体調にはお気を付けください。

今回ご紹介させていただきます一本はIWCのポルトギーゼヨットクラブです。
d0159403_12511888.jpg


こちらのモデルは伝統あるポルトギーゼのモデルの中でも最もスポーティーなモデルとしてラインナップされている時計です。
ヨットクラブというモデル自体は1967年に誕生しており、そのエレガントなデザインとタフさを併せ持った時計として人気を集めました。
同モデルが復活したのが2010年のことですが、この時発表されたヨットクラブは45.4mmと一際存在感の目立つケースサイズでした。

そこから5年の月日が流れIWCはポルトギーゼの生誕75周年の2015年にポルトギーゼヨットクラブの最新版を発表します。
モデルチェンジをし、前モデルよりもパワーアップを果たした現行モデル。
どのように進化を果たしたのでしょうか。
d0159403_12044524.jpg
まずは目に見える変更点として、ケースサイズの変更です。
前モデルの45.4mmから43.5mmとややサイズを小さく変更しています。
これにより腕に着けた時の印象はもちろんのこと、手首への収まりがよくなっています。
また、それをサポートしているのがラグと呼ばれる、ケースと一体になってベルトを固定している部分です。
こちらが長めに作られていて角度をつけていることによりしっかりとした装着感を実現しています。
d0159403_12045092.jpg
装着イメージはこのようになっており、非常に着け心地よく抜群のフィット感です。
ケースサイズも程よくスーツにも非常に合う一本です。
文字盤はシルバーで赤色のクロノグラフ針が差し色としておしゃれですね。
分積算計と時積算計を同軸に配置し、長い経過時間を長短針と同様に一目で読み取れるものにしており、文字盤のまとまりの良さにも脱帽です。
またベルトがラバーですのでスポーティーな印象も兼ね備えることにより、色々なコーディネートに合わせ易いです。
このような素晴らしいデザインはIWCの開発チームが丸4年もの年月をかけ考案したもので、細部に至るまでのあらゆる美しさを考慮し作られています。


次は機械の紹介をさせていただきます。
設計から製造までが全てIWCによって行われた自社製キャリバー89361を搭載しております。
このキャリバーは89000シリーズの後継で、特許取得のペラトン巻き上げ方式を採用しており、IWCの技術責任者であったアルバート・ペラトンが1950年に設計した両方向巻き上げ自動巻きを改良したものになります。
巻き上げ爪を従来の2本から4本に増やし巻き上げ効率の改善を図り、より高い精度の安定を誇っています。
d0159403_20054860.jpg
フライバッククロノグラフ機能もついており、通常クロノグラフのストップ、リセット、再スタートはボタンをそれぞれ押さなければなりませんが4時位置についているリセットボタンでこの動作を一度にまとめて行えます。
これにより経過時間を計るクロノグラフの機能をより使用しやすくしており、時計を使うという実用性の高さも考えられています。
そのような素晴らしい機能が凝縮されているムーブメントの動きを裏側のシースルーバックから眺めて見て下さい。
時計製作への情熱が感じられることでしょう。


デザイン性や機械に対するこだわり、IWCの高い技術力が垣間見える一本になっております。
是非お手にとってご覧頂きたい商品でございます。

皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。





銀座エバンス

TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座5-5-11(みゆき通り) 年中無休 11:00~20:00
2017年5月、銀座中央通りからみゆき通りに移転いたしました。


<LINE@査定> 撮って、送って、カンタン仮査定!
<メールマガジン> 購読無料、キャンペーンや入荷情報などを配信中!
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2017-09-05 20:08 | IWC

ブログをご覧の皆さまこんにちは、銀座エバンスの福永です。

IWCを象徴するアイコニックピース、そしてビッグウォッチの祖として語られるポルトギーゼ。

多くの愛好家を魅了し続けるこの時計の本質は、マリンクロノメーター級の高精度と、優れた視認性にあります、それを今一度、再定義するかのようなポルトギーゼ・ハンドワインド・エイトデイズをご紹介いたします。


Ref.IW51020
定価 ¥1,215,000(税込)
USED販売価格 ¥828,000(税込)
d0159403_22451654.jpg

ポルトギーゼは1939年に高精度を求めるべく、懐中時計用のムーブメントを採用し生み出されました。当時、懐中時計用のムーブメントを用いた腕時計はロンジンなどからも発表されていましたが、それらが一様に軍用時計であった中、ポルトギーゼは民生用として開発された経緯を持ちます。しかしながら30mm前後の小ぶりな時計が主流であった当時、40mmを超えるケースを持つポルトギーゼは時代に迎合されたとは言えませんでした。

その、ポルトギーゼが世に広く認知されるきっかけとなったのが、同社125周年記念として発表されたポルトギーゼジュビリーではないでしょうか。オールドストックのムーブメントを搭載し、当時の面影を1993年という時代に蘇らせたジュビリーの功績は大きく、やがてIWCの基幹コレクションへと発展を遂げることになります。

d0159403_22453260.jpg

デザインについてはオリジナルの要素を脈々と受け継ぎながら、時代に応じたアップデートが施されています。

無駄の無い静かな佇まいながら、立体的な時分針と文字盤とのクリアランス、スモールセコンドの彫りの深さ、インデックスのアプライド、どれもがポルトギーゼらしい鷹揚な魅力を感じさせ、造形の美しさが際立ちます。

また、ケースの厚みが増した事を受けてラグの湾曲は強まり、低い重心位置とあわせて装着感も快適さを保っています。

d0159403_22453927.jpg

搭載するキャリバー59215は、ポートフィノに積まれた59210の改良版となっていますが、大きな違いは文字盤から裏蓋に移植されたパワーリザーブ表示。それ以外の特徴である、緩急針のないフリースプラングや、巻き上げヒゲといった要素は59210に同じです。

振動数を28,800に高め、緩急針のないフリースプラングを載せる事で、本来ポルトギーゼが担っていた高精度の実現を目指しています。

d0159403_22452549.jpg

あらゆる高級時計ブランドのモデルが、華やかにあるいはアバンギャルドに変貌を遂げそのデザインを主張して行く中、時代の流れに沿って進化しつつも、決して奇をてらうことなくコレクションの意匠をプライドとしたポルトギーゼの真髄をぜひお楽しみください。

皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。


IWCの品揃えはこちらからご覧頂けます。


銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)
<平日は午前11時~午後10時まで営業!>(土・日・祝日は午前11時~午後8時)


「ファイナルセール」最大70%OFF!セール価格からさらに値下げ。(8月31日(水)まで)
「0%無金利キャンペーン」好評につき延長!24回までの分割払いがお得です!(8月31日(水)まで)
「技術者による無料診断」8月からは常時開催!(各日11~20時)店舗にて。
※無料登録受付中!「メールマガジン」入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2016-08-16 18:23 | IWC
こんにちは銀座エバンスの福田です。
本日は朝から雷雨でしたが、関東は先日梅雨明けしたということで、日差しが強烈になってきましたね。外出の際、日焼けには十分ご注意下さい。

本日ご案内する時計はこちらのユーズド、フランクミュラーのマスターバンカーです。

マスターバンカー
型番(Ref.) 5850MB
定価:¥3,186,000(税込)
USED販売価格:¥928,000(税込)
d0159403_1833091.jpg

久々のマスターバンカーです。男性用の定番と言っても良いロングセラーモデルですね。いつも探している方がいらっしゃいます。今回こちらのマスターバンカーは18金ホワイトゴールド製で重厚感ございますが、サイズは5850となりますので着けた感じはスマートです。ビジネスからカジュアルまで幅広く活躍してくれそうです。
2016年6月に弊社でオーバーホールと研磨を実施。使用感はほとんどなく、非常に綺麗な状態です。尚、社外品ですがベルトは新品に交換しております。

d0159403_142672.jpg

【MASTER BANKER】
世界の金融市場の時間が知りたいという要望から開発されました。大きな特徴は、1つの時計で3ヵ国の時間を同時表示可能なところです。又、その操作方法が秀逸で、驚くことにたった1つのリューズで3つの時間調整が可能となっています。軽く1段階リューズを引いて上に回すと12時側、下に回すと6時側の時間調整が可能となり、更にその位置からリューズを外側に引くとメインの時刻合わせも可能となります。ちなみに日付早送りは午前2時頃まで進めて日付を変更した後、そのまま前日の午後8時頃まで戻していただきます。それから再度進めていくと日付が変更されますので、これらの動作を繰り返し行って日付を変えていただきます。ただし、1日くらいのセットなら長針を時計回りに回して日付を変更した方が早いですね。

このように複雑な機能が付いていますが、上品なデザインのためか普段用に使う方がとても多いです。ひと味違う時計をお探しの方には大変お勧めです。是非一度ご覧になってください。ご来店をお待ちしております。
d0159403_14271243.jpg
   ※上の画像でのメインの時間は4時55分、12時側が2時55分、6時側が7時55分となります。

銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740 MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)
<平日は午前11時~午後10時まで営業!>(土・日・祝日は午前11時~午後8時)


「サマーセール」開催中。最大75%OFFの多彩な品揃え!(7月9日(土)から8月7日(日))
「0%無金利キャンペーン」24回までの分割払いがお得です!(7月9日(土)から8月7日(土))
「技術者による無料診断」期間限定で復活。(7月9日(土)から8月7日(日)11~20時)店舗にて。
※無料登録受付中!「メールマガジン」入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2016-08-02 20:56 | IWC
こんにちは、銀座エバンス稲田です。
昨年は大変お世話になりました。
2016年もみなさまに楽しんでいただけるよう、精一杯がんばります。
今年も何卒、宜しくお願い申し上げます。



本日はIWC“インヂュニアAMGブラックシリーズ・セラミック”のご紹介です。

d0159403_1857020.jpg

1970年代、かの有名なデザイナーの手によりインヂュニアのデザインは誕生しました。
その名も、“ジェラルドジェンタ”。ご存知の方も多いと思います。
APロイヤルオークや、パテックノーチラス、カルティエパシャ等のデザインを手掛けた天才デザイナー。
彼はヘルメットから着想を得て、ビス(ねじ)を隠さずにデザインとして取り入れることにしたそうです。
1976年、IWCの歴史に残るインヂュニアSLが誕生、このSLのインヂュニアのデザインは現行モデルにも引き継がれ、今なお我々の手の届くところに存在します。

最初のインヂュニアは非常にシンプルなラウンドで、剣のように尖ったドルフィン針の3針・日付・革ベルト、というドレスウォッチのようなつくりでした。
インヂュニアの最大ポイントである“耐磁”。IWCの時計師達が自身が製造した時計を、磁力から保護する方法について思案し始めたのは、電気が発明された頃、つまり1880年代に入ってまもなくのことたっだそうです。1888年から耐磁性を持つムーブメントを製造、軍隊や航空機内においても強い磁気に悩まされていた時代で、IWC社は1940年代半ばに“パイロットウォッチ”としてのインヂュニアを開発、発表は1955年のことでした。
同社は科学者や医者、パイロットなど、特殊な職業の顧客向けにインヂュニアを製作しており、当時の一般的な腕時計と比べるとこのモデルは非常に大きく分厚いものでしたが、ステータスの高い顧客向けモデルだった為、その方々にふさわしいエレガンス性も備えて製作されたドレスウォッチ仕上げになっていたのですね。
そして現行のインヂュニアにもこの初代インヂュニアの文字盤に記された「INGENIEUR」の稲妻ロゴが採用され、12・6のみのシンプルな顔もそのままに、今なお初代の面影を踏襲しています。

d0159403_11101710.png

ムーブメントは1944年、IWCの技術責任者に就任したアルバート・ペラトンにより、完璧な耐衝撃システムの加えられた3針キャリバー85シリーズが開発され、初代インヂュニアに採用されました。
その後、1970年代から1980年代にかけて世界中でクォーツショックが巻き起こり、ジェンタデザインのインヂュニアSLにはIWC史上初のクォーツムーブメントが組み込まれました。(後程お伝えする自動巻きモデルが一般的ですが、クォーツも存在します)これは“ジャガー・ルクルト”社製です。
1980年代にはETA社のムーブメントも採用、2005年にこちらもIWC史上初の自社製キャリバー80111を開発、このムーブメントが今回ご紹介するインヂュニアAMGに搭載されています。

インヂュニアSLに話を戻しますが、このモデルのキャリバー8541のアンクルレバー、ガンギ車、振り座には耐磁性素材が採用されており、軟鉄製インナーケースも伴って80,000アンペアまでの耐磁性と耐衝撃性も備わっています。
当初のIWC社の理想とする時計とされていたのですが、時代にマッチせず、ステンレス製モデルはなんと、僅か550個しか販売に至らなかったそうです。
その為、今後数十年後にはプレミアが付く可能性を秘めているモデルなのだそうです・・・!
以前に私のブログでお伝えした私稲田愛用の、ロレックスの“ミルガウス”を彷彿とさせるモデルです、インヂュニアは。

ちなみにロレックスにもオイスタークォーツが存在しますし、IWCでもメンズのクォーツモデルをつくっていたのですね。ひとつのモデルの歴史を辿っていくと、クォーツショックなどの時代背景が感じられておもしろいです。
そしてもう一本、インヂュニアを語る上で欠かせないモデルがあります。
それは1980年代半ばに発表された“インヂュニア500,000A/m”です。
ひげぜんまいにニオブ・ジルコニウムを採用し、このひげぜんまいはテストで370万アンペアもの磁気に耐えたそうです。しかしSLと同じ理由で2700個しか製造されておらず、こちらもIWCの伝説になる可能性大なのです。

d0159403_18582149.jpg

これら伝説の傑作達と同じジェンタデザインを持つ現行のインヂュニア。
2005年にはメルセデスAMGとのコラボレーションを遂げ、セラミック製ブレーキから着想を得て製作されたこのモデル、“インヂュニアAMG”。
ベゼル、裏蓋リング、リューズ、リューズプロテクターには、ブラックの酸化ジルコニウムを採用しています。直径は46mmとやや大きめですが、ケース一体型ベルトは装着感抜群、
防水は120m、そして何よりIWCがこれまで製造していた時計の中で最も強靭なムーブメントを搭載していますので、実用性にも優れています。
このキャリバーは摩耗や衝撃に非常に強く、同時にメンテナンスも簡単に行える、未来的なムーブメントです。大きく開いた裏蓋はシースルーバックになっており、その動きを楽しむことができます。

2013年にはメルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワンチームとパートナーシップを結び、
インヂュニアトゥールビヨンが登場、他にもおもしろい機構を搭載したモデルが続々発表されています。
そして最初のインヂュニアから60年経った今も、その魅力は色褪せることなくIWCと共に歴史を刻み続けています。
天才デザイナーと偉大な時計師のつくった歴史あるモデル。
是非一度腕に乗せてみて下さい。

みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。






銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)


「ニューイヤーセール」2016年の幕開けにふさわしく対象商品も大幅増加です。1月31日まで!
※1月は「低金利キャンペーン」店舗もオンラインショップも分割払いがお得です!
「メールマガジン」無料登録受付中!入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2016-01-12 18:30 | IWC
こんにちは、エバンスの稲田です。
秋に差し掛かったと思ったら蒸し暑かったり、すずしくなるのが待ち遠しい今日この頃ですが
皆様いかがお過ごしでしょうか。
シルバーウィークは何をして過ごされましたか?
おかげさまでエバンスではたくさんのお客様にご来店いただきました。
只今エバンスでは技術者による時計の無料診断を行っており、こちらも大変ご好評を頂いております。
次のお休みはみなさま是非、お友達お誘い合わせの上、銀座エバンスに遊びにいらっしゃってくださいね。



本日は2003年頃、惜しくも生産終了となってしまったIWC“GSTシリーズのアクアタイマーの
ご紹介です。

d0159403_17482274.jpg

Ref.3536-002
販売価格:¥398,000(税込)



1997年、IWCは“GST”という名を冠したモデルを発表しました。
このGSTの名前の由来は、
G・・・Gold   (ゴールド)
S・・・Stainless (ステンレス)
T・・・Titanium (チタニウム)
これら素材それぞれの頭文字から“GST”と名付けたそうです。

IWCは1868年創業、今年で147周年という老舗メーカーですが、実はスポーツウォッチを製作したのは
1967年と比較的近年なんですよ。
そして本日ご紹介するアクアタイマーは、2004年にベゼルが文字盤内部に配されている(インナーベゼル
といいます)新アクアタイマーが発表されるまでの、僅か7年間という短い製造のモデルです。
水深2000mまで耐えうる腕時計というのは当時大変珍しく、大いに話題を呼んだそうです。
防水性が高いため、ケースもガラスも分厚いつくりで頑強で安心ですが、これでブレスレットも同じように
分厚ければただただ重いだけの時計になってしまいます。
ところが腕に乗せてみるとさすがIWC、腕にぴたっと吸い付くような装着感、薄過ぎず厚過ぎず、適度でなめらかなつくりが大変素晴らしいブレスレットです。
ダイビングの際ウェットスーツの上から着けても、また地上での使用時までも、実用性を考えて設計されているのです。IWCというブランドは、ただ見るだけでなく腕に乗せてみて、リューズを巻いて針を動かしてみて、改めてよさを感じるブランドだと私は思います。

私が10年程前はじめてGSTのモデルを腕に乗せたとき、その着け心地に本気で魅せられ、
購入を真剣に考えたほどです。
周りから私の腕には大き過ぎると言われ、断念したのですが・・・
そしてリューズを巻いて針を動かしてみて、というのは、こちらもはじめてIWCのポルトギーゼを触ったとき、ここまでなめらかにスムースに大胆に動くのかと、本当に感動したのを今でもよく覚えています。
リューズが大きく動かしやすい、針がまっすぐ長いというのもここまでの気持ちよさに繋がることだと
思います。ポルトギーゼだけでなく、このアクアタイマーも同じです。
これは触ってみた人だけが得られる感覚です。是非一度、みなさんにも感じていただきたいです。

d0159403_19262921.jpg

そしておもしろいことに、ブレスレットが自分の手でコマ調整ができるつくりになっています。
調整ピンが二本付属しており、一本のピンでブレスレット裏面の真ん中の丸いボタンを押しながら
もう一本のピンでブレスサイドの丸を押す、すると中から棒が出てきてもうひとつも同じことをすると
コマがはずれる。
すべてのコマの裏に丸いボタンがついていて、腕の細い方でもピッタリのサイズに合わせることが
できます。

また、ベゼルサイドに4箇所(12時・3時・6時・9時位置)小さなねじがついており、こちらも付属している専用のマイナスドライバーでねじを回すとなんと、ベゼルをはずすことができるんです!
これは海に潜った際、砂などのよごれが隙間に残りやすいため、洗えるようにつくられているそうです。
ということは、ブレスレットがすべてバラバラにできるということは、サイズ調整のためだけでなく、
ベゼルと同じように洗ってまた組み立てれるということなのではないでしょうか。
ここまで持ち主のために考えられ設計された実用的な腕時計が他にあるでしょうか。
知れば知るほど、虜になってしまいますね。

d0159403_19153928.jpg

サイズは42mm、先程お話したとおりブレスレットの形状から腕の細い男性やもちろん女性でも着けていただけます。
ベゼルに吹き付けられたマットなブラックコーティングが今の流行にも合っていて、古さを感じさせません。
視認性のよい文字盤は飽きることなく、その高い防水性からマリンスポーツだけでなく、ウィンタースポーツにも着けていただけますよ。
一度お手に取ってみられてください。
この着け心地、体感してみていただきたいです。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。






銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)


「オーバーホールキャンペーン」「技術者による無料診断」ともに好評開催中!
「買取金額アップキャンペーン」今月も好評開催中!
「メールマガジン」無料登録受付中!入荷情報など定期的にお届けします。
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2015-09-29 11:00 | IWC
こんにちは、エバンスの稲田です。
日差しの強い日が続きますね、みなさまお出掛けの際は帽子や日傘をお忘れなさらないよう
お気をつけくださいね。

本日はIWCの “ ポルトギーゼ・オートマティック 7DAYS ” のステンレスモデルが3色揃ったので、ご紹介致します。

d0159403_2004191.png

ポルトギーゼは1939年、懐中時計をモチーフとしたスモールセコンドのモデルからはじまりました。
その時代はシンプルでクラシックな腕時計が多かったのです。
当時、あるポルトガル人からIWC社へ特別な腕時計の製作を依頼されたそうです。
ポルトギーゼの名の由来はそこからですね。
彼らは懐中時計のサイズと精度の腕時計を希望していたため、技術者達はその当時最も信頼性の高い
懐中時計用のムーブメントCal.89を選び、ポルトギーゼが完成しました。

1993年、IWCの創立125周年を記念し、ポルトギーゼが復刻されます。
1995年にはポルトギーゼ・ミニッツリピーターとラトラパントが発表され、そして2000年、
今回ご紹介する7DAYSの前身、“ポルトギーゼ・オートマティック2000”が発表されました。

2003年にはパーペチュアルカレンダー、翌年にはトゥールビヨン、2007年レギュレーター、
2010年コンプリケーションなどを経て、
今年2015年、ポルトギーゼ75周年記念モデル数本の発表と共に、“新・ポルトギーゼ 7DAYS”
が登場いたしました。

IWCが新たに開発したCal.52010自社製ムーブメント。
名機と言われるペラトン自動巻き機構に改良が加えられ、巻き上げ爪、ホイールには新たに
ブラックセラミックを、ローター軸受けには酸化ジルコニウムを採用しています。
ムーブメントの部品にハイテク素材を用いることは、時計業界において他に類を見ない新たな試みです。

d0159403_18302441.jpg

また香箱が1つだったのが2つになり、7日間という長時間のパワーリザーブを可能にしています。
そして前身モデルに比べ自動巻きローターが薄く設計され、ローターにはめこまれた18Kの
プローブス・スカフージアメダルが小さくなったため、内部が更によく見えるようになりました。
ポルトギーゼの特徴ともいえる裏蓋全体のシースルーバックから、ルビーやブラックセラミックの部品、
地板の美しいペルラージュ装飾やコート・ド・ジュネーブ装飾の仕上げなど、細部までも鑑賞して
いただけます。

d0159403_18322958.jpg

文字盤は1939年のオリジナルモデルから変わることのないアップライトのアラビア数字、
レイルウェイ目盛、リーフ針。
伝統と歴史を守り続けているIWCだからこそのデザインは、今もなお色褪せることなく私達を
魅了し続けています。
更にケースにも改良が施され、人間工学的に再設計されたラグが、細い腕の方にもフィットします。

手でゼンマイを巻いて“7”の目盛までゲージをためる、これがパワーリザーブ表示付き時計の醍醐味です。
完全に止まった時計をムーブ全体が見えるシースルーバックを見ながら少しずつリューズを巻いてみる、
すると、瞬く間にテンプが動き出す。
この瞬間、自分自身の手で時計に命を吹き込むような感覚がします。
是非一度、みなさまにも味わって頂きたいです。

今なら全色店頭でご覧いただけます。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。








銀座エバンス
TEL. 03-6274-6740(11:00~20:00) MAIL:n-concierge@evance.co.jp
東京都中央区銀座7-8-4(中央通り 銀座6丁目交差点すぐ)


「サマーセール」好評開催中!ティファニー50%OFF、グッチ40%OFF、その他特価商品も充実。
「低金利キャンペーン」7月も好評開催中!分割払いがお得です。
入荷情報やお得な情報を定期的にお届け。「メールマガジン」無料登録受付中
d0159403_10522483.jpg

by evanceblog | 2015-07-14 11:00 | IWC
こんにちは。銀座エバンスの井形です。
秋晴れの爽やかな秋分の日。銀座中央通りも、秋特有の日差しと薫りが感じられます。
さて、本日はIWCのとてもいいモデルが入荷したので、早速ご案内させていただきます。素敵です。
「ポートフィノ・ハンドワインド・エイトデイズ」が登場した2011年以来、多くの時計愛好家がこの時計を巻き上げる瞬間を、毎週心待ちにしたことでしょう。

IWC
ポートフィノ ハンドワインド 8デイズ
型番(Ref.) IW510103
定価:¥1,080,000(税込)
販売価格:¥868,000(税込)

d0159403_10414150.jpg

ポートフィノシリーズのフラッグシップモデルであるこの時計には、新たに開発されたIWC自社製ムーブメントキャリバー59210を搭載。自動的に停止するまで192時間(8日間)正確に作動します。
パワーリザーブ表示・6時位置のスモールセコンド・3時位置の日付と、文字盤全体が見事なバランスでまとめ上げられています。

毎時28,800回のリズムで振動する緩急針なしのテンプ、そして伝統的な時計製造技術に基づいたブレゲひげゼンマイが、時計の優れた精度を実現する要素となっています。

d0159403_10414695.jpg


d0159403_1042166.jpg


d0159403_10421246.jpg


d0159403_10423195.jpg

18金レッドゴールドの上品な艶に丸いなめらかなフォルム。
何といっても文字盤の色合いとインデックス・美しいラインを描く針の対比が魅力的です。
そして上質な革で定評のあるサントーニ社製アリゲーターベルトを起用、全てにおいてスペシャルな時計です。

落ち着いた大人の男性のスーツスタイル、あるいは上質なニットやシャツのオフスタイルに映えることでしょう。
ぜひ今秋、貴方の腕元に。
お客様のご来店を心よりお待ちいたしております。

d0159403_1354264.jpg


by evanceblog | 2014-09-23 13:44 | IWC
こんにちは。銀座エバンスの井形です。

ポルトギーゼ、パイロット、インヂュニアといった人気シリーズを一年に一度1ラインごとにモデルチェンジを行ってきたIWC。2013年のインヂュニアも大変好評でした。

合理主義、機能主義、そしてスイス伝統の時計製造技術はシャフハウゼンで独自の時計を生み出し現在でもIWCを特別な位置づけに置いています。

パイロット クロノグラフ トップガン・ミラマー
(U S E D )
型番(Ref.) IW388002
定価:¥1,328,000(税込)
販売価格:¥928,000(税込)

米国海軍エリートパイロット養成学校、通称「トップガン」の名を冠したシリーズ。
セラミック製ケースとマットグレーのダイアルを特徴とするトップガンですが、2012年に新作「トップガン・ミラマー」が誕生しました。トップガン伝説が誕生した地、ミラマーに由来しています。
独特の光沢感を持つメタリックグレーのセラミックケースに、ベージュの針とミニッツカウンター、カーキグリーンストラップがミリタリーテイストを盛り上げます。
d0159403_0334520.jpg

超音速戦闘機のごとく飛び立つ勢いを感じさせるトップガンの徽章をレリーフ。ケース内には軟鉄製インナーケースによって磁気から保護された自社製Cal.89365を搭載しています。
d0159403_19534526.jpg

スピットファイアUTC
(USED)
型番(Ref.) IW325112
販売価格:¥400,000(税込)
20代~30代に人気のパイロットライン、同じ航空時計でもスピットファイアはクラシカルかつエレガントなデザイン性がうかがえます。
1930年代に開発され、当時世界最速を誇ったイギリスの戦闘機「スピットファイア」
その名を航空時計コレクションとなり、リベットで文字盤に取り付けられたインデックスがフェイスの存在感を際立たせます。
d0159403_0333348.jpg

全体のクールな印象、文字盤下位置のUTC、インデックスと針の形、ロゴの入り方と、何ともバランスのとれたモデルです。シリーズならではのサラリとした質感のブレスの仕上げも着け心地も良いです。
d0159403_1313384.jpg


ぜひこの機会にお手に取られてみて下さい。
商品のお問合せは、銀座エバンス井形までご遠慮なくお申し付け下さいませ。
d0159403_0343545.jpg

お客様のご来店を心よりお待ちいたしております。

東京都中央区銀座7-8-4
営業時間 11:00~20:00
TEL 03-6274-6740
MAIL n-concierge@evance.co.jp



エバンス ホームページ


by evanceblog | 2014-04-08 11:05 | IWC
ブログをご覧の皆様こんにちは、銀座エバンスの福永です。
本日はIWCのパイロットウォッチMARK XVIIをご紹介いたします。

パイロット マークXVII
Ref. IW326501
定価 ¥498,750
販売価格 ¥478,000


シンプルな外見、屈強な構造を持った設計、そして何時の時代どのモデルを見ても、即座にそれと分かるスタイルを与えられた不朽の名作こそがIWCのパイロットウォッチです。
視認性を第一に考えられたダイヤルは、いたずらな装飾はされずとも世代を重ねるごとに細部に手が加えられ、洗練された印象を与えてくれます。
d0159403_2357732.jpg

ケースに関しても拡大の一途を辿っているものの、極めて高い装着感は特出しており、ベゼルとラグのポリッシュラインが、マットな質感のケースをしっかりと引き締める効果を与えています。また、金属加工の素晴らしさは小さな尾錠にまで徹底されています。
d0159403_2358215.jpg

元来、コックピット内の過酷な状況下を想定して作られたモデルですので、その実はシンプルなデザインに、耐磁性能、急激な気圧変化への対応、そして優れた操作性と如何なる場面に於いても正確に時を読み取ることが出来る機能が備わっています。
どれもが時計にとって基本的な必要事項に思われますが、必要十分にこれらを満たし、かつスマートなモデルは多く見当たりません。
ぜひ、パイロットウォッチMARK XVIIで良作と呼べる腕時計の魅力に触れてみてください。
d0159403_23581649.jpg

東京都中央区銀座7-8-4
営業時間 11:00~20:00
TEL 03-6274-6740
MAIL n-concierge@evance.co.jp

エバンス ホームページ


by evanceblog | 2014-02-21 07:26 | IWC